七五三でのお母さんの服装は?七五三でもスーツレンタルがおすすめ!

七五三の母と女の子

子供の成長と健康を祝う、七五三。子供の服装ばかり気にしていて、自分の服装はどうしたらいいのだろう?と、慌てて調べ始めているお母さんも少なくないでしょう。

七五三は、子供にとっても親にとっても大切な記念日です。七五三当日は写真を撮る機会も多いため、当日の服装にも気を配りたいところです。

そこで今回は、まず七五三にはどのような意味があるのかを解説した上で、お母さんは七五三でどのような服装を選ぶべきなのかを紹介します。


【七五三にはどのような意味があるの?】

七五三は子供の成長・健康を祝い、神社にお参りをする行事です。3、5、7の数字は「縁起の良い数字」とされており、その年齢で神社(氏神様など)へ成長の報告や、感謝の気持ちを伝えます。
その後、家族や親族で会食や写真撮影を行うご家庭も多いようです。

七五三を行う年齢は、地域により違いがありますが、一般的には男の子の場合は3歳と5歳、女の子との場合には3歳と7歳に行います。

婚礼以外の万事において吉日と言われる「鬼宿日(11月15日)」に、七五三の参拝を行うのが望ましいとされていますが、必ずしも11月15日に行う必要はありません。
家族や親族の予定を考慮して、その前後の土日や他の時期に行う方もいます。

ところで、七五三といえば「千歳飴」が有名ですが、千歳飴にもちゃんと意味があるのをご存知でしょうか?

(千歳)飴は、引っ張ると伸びることから「粘り強く」「細く長く」という願いが込められています。
つまり千歳飴には、親が子供に「健康に長生きしてほしい」という願いを込める、七五三には欠かせない縁起物としての役割があります。

千歳飴は紅白になっていたり、袋には縁起が良いとされている「松竹梅」「鶴亀」などが描かれているのも特徴的です。
ぜひ、七五三当日にお子さんに買ってあげると一生の思い出になるでしょう。

【七五三でのお母さんの服装は?】

さて、ではお母さんはどのような服装で七五三に臨めばいいのでしょうか。

七五三は神社へ参拝することから、フォーマルな服装(セレモニースーツ・礼服)を選ぶお母さんが大半です。
子供が和装の場合には、母親は着物かスーツ・フォーマルなワンピースを、子供が洋装の場合には、スーツ・フォーマルなワンピースが最適な服装と言えるでしょう。

最近では低価格な女性用フォーマルスーツも増えていますが、中にはデザインや質の部分で「安っぽさ」が出てしまうものもあります。
また、着物の着付けには時間がかかるため、多くの場合七五三ではブランドのセレモニースーツが選ばれます

しかし、ブランドもののセレモニースーツは、その値段の高さから購入をためらってしまう方が多いのも事実です。


【セレモニースーツもレンタルがお得】

入学式の桜
セレモニースーツは高価なものの着る機会があまり多くはありません。
加えて、次に着る際に購入したスーツが古く感じたり、サイズが合わなくなることもあるでしょう。

そこで活用したいのが、セレモニースーツのレンタル。ネットのレンタルショップなら、好みのセレモニースーツを選び、ネット上で申し込むだけで、使用したい日までにスーツを自宅まで届けてくれます。

スーツレンタルのおすすめポイントは、価格が安いという点です。
さらに、クリーニングや保管の手間もなく、必要な時にシーンに合ったスーツをレンタルすることができます。

ワンピの魔法でも、セレモニースーツのレンタルを行っています。「スーツを購入してもあまり着ないかも」「次にスーツを着るのは、かなり先になりそう」という方は、ぜひレンタルスーツを選択肢にしてみてください。


  

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。