お呼ばれされた結婚式でのヘアアレンジ 女性が気をつけるべきマナーとは?

お呼ばれされた結婚式でのヘアアレンジ 女性が気をつけるべきマナーとは?
    目次
  1. お呼ばれした結婚式での髪型マナー
    1. ダウンスタイルは避ける
    2. 主役の花嫁より目立たない・派手にならない
    3. ヘアアクセサリーの色・素材を確認する
  2. 髪の長さ別 ヘアアレンジのポイント
  3. 髪型は服装とのバランスも大切

結婚式に招待された際、「どのようなヘアスタイルで参加すればいいだろう?」と頭を悩ませる女性も少なくありません。
結婚式はフォーマルな場であるため、マナーやポイントをおさえてヘアスタイルを考えることが重要です。

そこで今回は、結婚式に招待された女性が覚えておきたい髪型のマナーと、長さ別のおすすめヘアスタイルについて解説します。
当日恥ずかしい思いをしないためにも、本記事を参考にしながらおしゃれを楽しみましょう。


お呼ばれした結婚式での髪型マナー

結婚式には、新郎新婦の親族や上司も参加します。
そのため、ヘアスタイルは「きちんと感」や「格式」を意識することが大切です。
では、具体的にヘアスタイルのマナーについて見ていきましょう。

ダウンスタイルは避ける
「ダウンスタイルは絶対にNG」というわけではありませんが、髪を下ろしていると食事の席で髪をかき上げたり、お辞儀の際に髪が落ちたりすることが増え、周囲に不快な印象を与えかねません。
髪が乱れないようワックスなどを使いしっかりとセットしておきましょう。

主役の花嫁より目立たない・派手にならない
あくまでも、結婚式の主役は新郎新婦。
ゲストは、二人より目立たない服装・髪型を意識する必要があります

ヘアアレンジをランクアップさせるラメも、使いすぎると派手な印象になり、周囲の目を引いてしまいます。
また、髪をセットする際には、ボリューム感を出しすぎないようにすることも大切です。

ヘアアクセサリーの色・素材を確認する
服装と同様、ヘアアクセサリーもファーや革素材のものは「動物の殺生」を連想させることから、結婚式にはふさわしくないとされています。
また、白いアクセサリーや生花は、花嫁が身につける可能性があるため、避けておいたほうが無難でしょう。

【参考】結婚式の披露宴に出席する場合の服装選び

【髪の長さ別 ヘアアレンジのポイント】

次に、髪の長さ別のヘアアレンジのポイントを紹介します。
ここで紹介するポイントを参考にしながら、自分に合った理想のヘアスタイルを見つけてみましょう。

■アップスタイル

アップスタイル
アップスタイルは、ロングヘア・ミディアム(セミロング)ヘアの方に最適なスタイル。

頭の高いところで髪をまとめるのではなく、低い位置で髪をまとめるのがトレンドです。
「華やかさが欲しい」という方は、マジェステやヘアアクセサリーを使ってみるのもいいでしょう。

また、セルフアレンジに挑戦する際には、コテやアイロンを使うのがおすすめ。
髪を巻く際、内巻き外巻きを交互に繰り返す「波ウェーブ」を取り入れると、こなれ感がアップします。

■ハーフアップ

ハーフアップ
ハーフアップは、髪の長い方はもちろんボブやショートの方にもおすすめのスタイル。

耳の上あたりの髪を編み込んだり、ツイスト編みしたりするだけでおしゃれさを演出できます。
また、ボブ・ショートの方は大きめのアクセサリーで飾ると、ワンポイントになるのでおすすめです。

ただし、シンプルな印象になりがちなのがハーフアップの難しいところ。
そんな時は、おろす髪に、コテを使って動きを付けてみましょう。
一気に華やかなスタイルになります。

■ダウンスタイル

ダウンスタイル
ダウンスタイルは、ひと手間加えるのがポイント。

結婚式に出席する際は、髪が落ちてくることがないように普段のダウンスタイルにひと手間加えるのがポイントです。

例えば、スタイリング剤でしっかりとセットした上で、華やかなアクセサリー取り入れると、髪が落ちることなくおしゃれを楽しむことができます。
また、サイドを編み込みにして、「カチューシャ風」にするアレンジもおすすめです。


【髪型は服装とのバランスも大切】

ここまで結婚式に参加する際の髪型のマナー・ポイントについて解説してきましたが、ヘアアレンジと服装のバランスを考えることも大切です。

しかし、「理想のヘアスタイルはイメージできたけど、持っているドレスと合わないかも」「ドレスを買った時はロングだったけど今は短め」ということもあるでしょう。

そのような場合に活用したいのが、ネットのレンタルドレス。
「ワンピの魔法」では、「ヘアスタイルに合うドレスが分からない」という方のために、アドバイステレフォンを用意しています。
商品の中から、ヘアスタイルに合ったレンタルドレスをご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。