結婚式でブライズメイドを頼まれた際の注意点と服装選びのポイント

ブーケを持つ花嫁とブライズメイド
目次
  1. ブライズメイドとは?
  2. ブライズメイドを頼まれた際の事前準備と注意点
    1. こちらで用意するものはあるか
    2. どんな事をするのか
  3. ブライズメイドの服装選びのポイント
    1. 結婚式のイメージ、新郎新婦の要望を意識する
    2. ドレスのスタイルや長さ
    3. 動きやすい服装を選ぶ

欧米で人気の演出、ブライズメイド。日本の結婚式でも「ブライズメイドにお手伝いしてもらいたい」という新郎新婦が増えてきました。

しかし、招待された結婚式で「ブライズメイドをお願いしたい」と言われた場合、どのようなことをすればいいのか、どのような服装で臨めばいいのか、疑問に感じる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、ブライズメイドが結婚式当日にどのようなことをするのか、どのような服装を選ぶのがいいのか、その注意点とポイントを解説します。


ブライズメイドとは?

ブライズメイドは、もともと「花嫁を守る人たち」のこと。中世ヨーロッパでは「花嫁の幸せを妬む悪魔が結婚式にやってくる」という伝説があり、結婚式に参加する友人が花嫁と同じようなドレスを着て付き添うことで、悪魔の目を惑わせたと言われています。

日本でも「花嫁のサポート役」として、ブライズメイドが活躍する結婚式が増えてきています。結婚式当日の受付や、挙式の立会人を依頼されるのが一般的です。花嫁に付き添いベール・ドレスの裾を整えたり、フラワーシャワーの花びらを配ったりと、当日の挙式をスムーズに進行させるためのお手伝いをします

また、衣装選びや結婚式のアイテムの作成を依頼されるなど、結婚式の準備段階からサポートするケースもあるようです。

ブライズメイドを頼まれた際の事前準備と注意点

ブライズメイドを依頼されるのは、結婚式の2~3か月前が一般的。新郎新婦から直接依頼ケースが多いようです。欧米では「Will you be my Bridesmaid?(私のブライズメイドになって)」というコメントが入ったカードを渡されることもあります。ブライズメイドを頼まれたら、まず以下の2点を確認しましょう。

1. こちらで用意するものはあるか
まず、こちらで事前に用意しておくものはあるか確認します。例えば、当日の衣装。新郎新婦が「ブライズメイドの衣装をお揃いにしたい」と考えている場合には、新郎新婦がドレスを用意してプレゼントするのが一般的です。

しかし最近では、ブライズメイドをお願いする方の個性やコンプレックスなどを考慮して、各自で衣装の準備をお願いするケースも少なくありません。自分が準備しなければならない範囲がどこまでなのか、事前にしっかりと確認しておきましょう

また、結婚式では幸せをもたらすといわれる「ブルー」のアイテムを取り入れたいなど、新郎新婦が希望する色がある場合には、結婚式のテーマカラーを聞いておき、その色を取り入れるのがいいでしょう。

2. どんな事をするのか

どのようなことをするのか、事前にリハーサルがあるのか、何時に会場に着けばいいのかなど、新郎新婦に確認をしておくことが大切です。また、アイテム作りに協力する時は「いつまでに必要なのか」を確認した上で、二人の結婚式のイメージに合ったものを作るようにしましょう。

花嫁は、いろいろと分かり合える仲だからこそ、あなたにブライズメイドをお願いしています。選ばれた時には、ブライズメイドとして、良い結婚式になるよう積極的に協力してあげましょう。

ブライズメイドの服装選びのポイント

ブライズメイド
では次に、ブライズメイドを頼まれた女性が自分でドレスを選ぶ際のポイントを紹介します。

結婚式のイメージ、新郎新婦の要望を意識する
会場の雰囲気や装飾、花嫁のドレスとのバランスも考慮して、自分のドレス・ワンピースを選んでいきます。そのため、事前に新郎新婦と情報共有をしておくのがおすすめです。ブライズメイドの衣装が花嫁より目立ってしまったり、全体的な見た目の調和を崩してしまったりしないよう注意しましょう。

ドレスのスタイルや長さ
通常のお呼ばれの時は、袖ありタイプのドレスを選ぶのが一般的ですが、ブライズメイドは肩を出すベアトップや、袖のないノースリーブを選ぶこともあります

教会やホテルで行われる、きっちりとした雰囲気の式であれば、上に羽織るストールやボレロを用意しておきましょう。ドレスの丈は短すぎない、膝丈もしくはミモレ丈を選ぶようにします。

動きやすい服装を選ぶ
当日、さまざまな役割を受け持つブライズメイド。受付も兼任する場合は、立っている時間が長くなるため、高すぎるヒールは避けましょう。また、挙式で立会人をする場合は、バージンロードを歩いたり、祭壇に上がったりするときに転びやすくなるため、ロングドレスは避けます


ここまでブライズメイドを頼まれた際の注意点や、衣装について解説してきました。
新郎新婦が設定しているテーマカラーや、会場のイメージに合わせてドレスを選ぶと、手持ちのドレスでは対応できない場合もあるでしょう。

そのような場合に活用したいのが、ネットのレンタルドレス。「ワンピの魔法」では、会場の雰囲気や結婚式のテーマカラーに合わせてドレスをご提案できる、アドバイステレフォンを用意しています。
商品の中から、イメージに合わせたドレスをご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。