ブランドの可愛いマタニティドレスが着たい!|マタニティフォーマルや服装のマナーについてお教えいたします - レンタルドレスのワンピの魔法

レンタルドレスのワンピの魔法

最短のお届け予定日
6月29日(木)

ようこそゲスト様

合計0点

0点 合計0円

  • 新規会員登録
  • MYページ
  • お気に入りリスト
  • カートを見る
NHK東京カワイイTVで紹介されました!NHK東京カワイイTVで紹介されました!
二代目・たかたっち社長のブログ
レンタルドレスのワンピの魔法トップページ >マタニティーフォーマルドレス(1.可愛いマタニティドレスが着たい!)
マタニティフォーマルドレス
妊婦さんのマタニティドレス

妊婦さんがドレスを着る場合、「お腹がどのくらい出ているか」、「お腹が苦しくて入らない…」「丈が短すぎてみっともない」ということにならないよう、「妊娠初期(3〜5ヶ月)」「妊娠中期(6〜7ヶ月)」「妊娠後期(8〜10ヶ月)」に分けてドレスを選ぶことが大切。

妊娠中の結婚式のお呼ばれは、つい不安になりがちですが、自分に合ったマタニティドレスを選べば妊婦さんでも安心して結婚式に参加できます。また、紹介しているドレスは、今まで5,000人以上の妊婦さんが利用しているレンタルドレス店「ワンピの魔法」からピックアップしています。

妊娠初期(3〜5ヶ月)のマタニティドレス

この時期の妊婦さんは、下腹部が少しふくらみはじめますが、まだあまり目立つ時期ではありません。「マタニティ専用のドレス」より、ウエストに締めつけ感がない普通のドレスの方が似合います。シンプルでゆったりした「マタニティ専用のドレス」をこの時期に着ると、かえってお腹が強調されたり、サイズ感が大きくて野暮ったくなってしまいます。

デザイン的には、スカートのすそが広がらずにすぼまっていたり、バルーン型やコクーン型になっていたりするドレスが、お腹が目立たず良いでしょう。

ただ、妊婦特有のつわりがあり、体調はやや不安定な時期。そのため、下のドレスのように、お腹だけでなく胸元も圧迫しないドレスの方が、気持ち的にも楽です。

ちなみにこういったドレスを持っていなくて、新しく購入しようとすると、高いお金がかかったり、つわりの中お店に行ったり…、と思ったより大変。その場合は自宅で予約ができる、レンタルドレスがおすすめです。

マタニティドレスは着る機会が多くなく、お腹もあっという間にふくらみますので、1回のために購入するのは少しもったいない気がします。出産後の出費に備え、レンタルで節約してみるのも手です。

妊娠中期(6〜7ヶ月)のマタニティドレス

この時期の妊婦さんのお腹は、全体的にふくらみが大きくなり、目立ち始めます。バストも大きくなり、体全体のサイズが日々変わってきます。そうするとこの時期は「前もって買っておいたドレスが、当日に入らなくなっている」ことがあるので、ゴム入りで伸びるドレスや、背中のひもを調節してサイズにゆとりをもたせられるドレスなど、ある程度サイズ調整ができるものがおすすめです。

一方、つわりがなくなり、体調面でも気持ちでも余裕が出てくる時期なので、下記のように色々なデザインやカラーのマタニティドレスを楽しみやすいときです。

サイズ調整ができるドレスを事前に購入しておくのも手ですが、そういうドレスを探すのもなかなか面倒なもの。

そういうときは、レンタルドレス店で予約をしておき、体のサイズが変わったら、ワンサイズ大きいドレスに無料で変更する、という使い方もできます。

購入した場合は、サイズが変わったからといってドレスを返品・交換するのは大変ですが、レンタルドレスならたいてい、直前まで無料で変更ができます。

妊娠後期(8〜10ヶ月)のマタニティドレス

この時期の妊婦さんはお腹が大きくふくらみ、いかにも”妊婦さん”らしい体型に。そうなると、今までおすすめしてきた「背中のひもでサイズ調整できるドレス」や「すそがすぼまったドレス」は、着脱するのも歩くのも一苦労で、この時期の妊婦さんにはおすすめできません。とにかくゆったりしていて、生地もやわらかく、スカートが広がっていて、着脱もトイレも楽なドレスを選ぶこと。

また、お腹の大きさにつられてスカート丈がぐっと上がるので、「座ったら下着が見えた」なんてことにならないよう、下記のように、少し長め丈のマタニティドレスを選ぶのが大切。

ちなみに、ドレスに合わせる靴はヒールの低いものをはきましょう(妊婦さんは、結婚式でもローヒールでOKなので安心して下さい)。腰に痛みがある人はマタニティドレスの下に腰ベルトをするのもおすすめです。

特に臨月は、「いつ生まれてもおかしくない」時期。マタニティ用のドレスを買って準備しても、予定日が早まってやっぱり出席できなかった…、というケースもありますが、それで失礼にあたることはありません。

ただ、高いマタニティ用のドレスを買って、結局着られないのは少しもったいないもの。それよりはマタニティドレスをレンタル予約しておき、「万一出席できなくても、ドレスのキャンセル料金がかかるだけ」と思っておいたほうが、気持ち的にも楽でしょう。お祝いしてあげたい気持ちはそのままに、ドレスはお得なレンタルにしておいて、お金にあまり負担をかけないのがおすすめです。

レンタルドレスのこんなところが不安!

よく聞くのは、「レンタルだから汚いドレスが送られてくるのでは…」という不安。

実際、いくつかのレンタルドレス店で借りられた方は、

・「送られてきたとき、薄いビニール袋に、ポンと丸められて入っていた。しかも明らかに前の使用者のニオイが。」

・「目立つところにシミがある。事前に言ってくれれば、違うドレスにしたのに…。」

などの不満を口にしています。

しかし、レンタルドレスのワンピの魔法は、「商品の状態」「清潔感」を徹底管理しているので、そんな心配は不要。

空気清浄器を完備し、24時間フル稼働。風通しの良いドレスのための専用保管スペースで管理。

ドレス管理ルームの写真

ドレス専門のクリーニングで高品質な仕上がり。

クリーニング写真

ドレス1点1点詳細に状態を明記。1度のレンタルにつき1度の検品を行っているので、常に最新の状態が確認できます。

検品状態ページ例

出産後様々なシーンでも

さらにワンピの魔法では、妊娠中の結婚式だけでなく、出産後のお宮参り、親戚での集まり、

お子様の七五三などの幅広い行事で、ママの服をサポート。

綺麗できちんとしたブランドワンピースを、手軽に安くレンタルできます。

ワンピの魔法は、マタニティの方でも着られるドレスを、1着5,980円〜レンタルできるお店です。

ネットで簡単に注文でき、自宅で楽々受け取り。全国の妊婦さんがご利用いただけます。クリーニングもいらず、返却はポストに投函するだけ。

この機会にぜひ、ワンピの魔法のレンタルドレス・ワンピースをお試しください。


■お電話でのご相談は04-2946-7417(月〜木11:00〜18:00)■

ご不安なこと、ドレスの選び方、サイズ、レンタルの方法など、なんでもお気軽にご相談ください。