【シチュエーション別】平服とは?女性の結婚式・二次会・パーティーの服装選び

最近の結婚式や二次会の傾向として、正装のフォーマルからカジュアル寄りになっています。

結婚式の招待状でも「平服でお越しください」とよく見かけるようになりました。

結婚式や二次会の場合は、平服と言っても決して日常着のカジュアルスタイルではありません。

もちろん、Tシャツやパーカー、スニーカーやデニムといった日常着ではないので注意してください。

今回は、結婚式や二次会、パーティーにおける平服のマナーについて解説していきます。

招待状に「平服指定」があり、服装選びに悩んでいる方はぜひ最後まで参考にしてみてくださいね。

結婚式や二次会における平服とは?

そもそも平服(へいふく)とはどんな服装のことを言うのか確認していきましょう。

結婚式や二次会、同窓会などの招待状で「平服でお越しください」と記載されている場合があります。

この場合の平服は「正礼服(フォーマル)や準礼服(セミフォーマル)よりも、リラックスしてお越しください」といった意味合いがあります。

通常、高級ホテルや格式の高い結婚式会場などの場合はゲストは正装で出席します。

和装は黒留袖、洋装はイブニングドレスなど、格式高い装いが求められるのです。

しかし、もう少しカジュアル寄りの会場で開催される結婚式の場合は、平服指定になります。

平服と言っても、普段着のカジュアルな装いではなく冠婚葬祭の服装を意識することが大切です。

例えば、結婚式・二次会のお呼ばれドレスは、きれいめのドレスやワンピース、スーツやセットアップなどが適しています。

平服指定といっても、あくまでお祝いの席ですから華やかさを意識することが重要なポイント。

オフィスカジュアルな地味な服装もお祝いの席にふさわしくないので注意しましょう。

足元はベージュのストッキングにヒール3センチ程度のパンプスがベストです。

平服指定でも、つま先の見えるオープントゥサンダル、ブーツはNGです。

平服は略礼服(インフォーマル)

平服指定での一番悩みどころは、「どこまでカジュアルを取り入れていいのか」という点です。

一般的に結婚式のお呼ばれドレスは準礼服(セミフォーマル)が基本です。

平服の場合は、それよりもドレスダウンした略礼服(インフォーマル)となります。

  • 正礼装(フォーマル)…黒留袖、イブニングドレスなど
  • 準礼装(セミフォーマル)…カクテルドレス
  • 略礼装(インフォーマル)…ワンピース

平服指定をした新郎新婦は、「ゲストにリラックスしてもらいたい」という気持ちが込められています。

女性は華やかさを意識したドレス・ワンピース・スーツまたは、スカート・ジャケットを選びましょう。

例えば、キレイめのドレスやワンピースにジャケットやショールを合わせると華やかにまとまります。

足元はヒール3センチ程度のパンプス、小ぶりのパーティーバッグという装いです。

高級ブランドで固める必要もなく、華やかな印象にまとめれば、基本的に問題ありません。

結婚式・二次会の場合は花嫁とかぶらないように全体的に白っぽい衣装は避けるようにしましょう。

黒やネイビーといったダークカラーのドレスの場合、靴やバッグなど小物類は明るい色を添えましょう。

全身が黒っぽくなってしまうと、喪服を連想させるのでお祝いの席にふさわしくありません。

また、カジュアル寄りといっても、コットン素材のワンピースはカジュアル過ぎるのでNGです。

ブランドのワンピースであってもコットン素材は結婚式や2次会など、お祝いの席にふさわしくありません。

ドレスの素材はサテンやシャンタンなど光沢感のあるものがよいでしょう。

昼間に開催される結婚式やパーティーの場合は、肩や背中、胸元などの露出を抑えることが大切です。

ノースリーブなど露出の高い場合は、必ずジャケットやショールなどの羽織ものを用意してください。

平服指定でも、スカートの丈は膝下のドレスを選ぶことがマナーです。

平服指定の場合は、ドレッシーなパンツドレスも良しとされています。

立食パーティーやカジュアルな雰囲気の2次会の場合は、動きやすいパンツドレスもおすすめです。

平服は柄物のドレスもOK?

一般的に柄物のドレスよりも無地のドレスの方がフォーマルな印象を与えます。

平服指定の場合、それほどフォーマルとか求められていませんので柄物のドレスもOKです。

会場によっては色数の多い柄やプリント柄のドレスも良しとされます。

ただし、主役の花嫁や主賓よりも目立ち過ぎるデザインのドレスは避けるようにしてください。

大きなコサージュや白っぽく見えるヘアアクセサリーやティアラは花嫁とかぶるのでNGです。

入学式・同窓会の平服とは?

入園式や入学式、同窓会の招待状にも平服指定は多いです。

結婚式の場合と同様に、礼服よりも軽めのドレスやスーツで問題ありません。

ただし、開催される会場によって服装の選び方が変わってきますので注意しましょう。

高級ホテルやレストランの場合はセミフォーマル、パーティー会場や居酒屋、カジュアルレストランの場合はカジュアル寄りで問題ありません。

おすすめの平服コーディネート

結婚式や二次会で平服指定があった場合は、ドレス、ワンピース、スカートのセットアップ、パンツスタイルもおすすめです。

平服の場合は、無地のドレスではなくても多色使いや細かい花花柄などのデザインも問題ありません。

スカートは立った時はもちろん座った時に膝が見えないように膝下のミディ丈を選びましょう。

ノースリーブを選んだ場合は、ジャケットショールストールなどの羽織ものも合わせて用意します。

パーティー会場やカジュアルレストランであっても昼間の場合は、肌の露出を抑えるのが基本です。

「平服指定だから」といって、昼間の結婚式にノースリーブ一枚で出席すると浮いてしまうので要注意。

当日慌てないように、衣装に合わせてジャケットやショールなど羽織ものを用意しておきましょう。

平服指定に適したお手持ちの衣装がない方は、レンタルドレスがおすすめ。

「ワンピの魔法」は平服指定に役立つ様々な色やデザインのドレスが豊富に揃います。

ドレス・羽織物・バッグ・靴・アクセサリーを含むトータルコーディネートが1万円以下で完成します。

スマホから簡単にオーダーできるので、是非チェックしてみてください。

ここからは「ワンピの魔法」から、平服指定にオススメのコーディネートをご紹介しましょう。

ドレスとショール

ドレスの素材やカラーによってショールを選び分けることがポイント。
特に全身が白くなったり暗くなりすぎないように注意しましょう。


● ●

落ち着いたネイビーのドレスもシルバーのショールをあわせることでは華やかな雰囲気に。

透け感のないゴールドのストールは腕周りをしっかりカバーしてくれる。


● ●

ふわりと軽いラメ入りのストールは春夏にぴったり。

総レースのドレスには柄のないシンプルなストールがおすすめ。

パンツスタイル

少しラフなスタイルのパンツスタイル。
バッグやネックレスなどの小物でパーティー感をUPさせましょう。


● ●

黒のパンツドレスのセットアップ。七分袖で透け感のある華やかなレース袖は、全体的に暗くなりすぎない。

肘まで隠れるレースの袖と、長めのパンツ丈は露出をしっかりと抑えてくれるので、1枚で着ても安心。


● ●

ライトグレーのガウチョタイプのドレス。パンツ部分は、ゆったりとしていて長時間着ていても疲れにくい。

肩からお腹にかけたドレープが、控えめなバストの方でも平坦に見えない。

袖付きのドレス

羽織ものの準備がいらないので楽ちんな袖付きドレス。
温度調節のためにストールを一枚持っておくと安心です。


● ●

総レースとAラインのシルエットが可愛らしいコーラルオレンジのドレス。トレンド感のあるニュアンスカラー。

ほどよいつや感があり、暗すぎず明るすぎない絶妙なカラーは、大人っぽくて上品な印象に。


● ●

首元からひじ下まで繊細なレースで覆われたクラシカルな黒いドレス。

ケープをまとったようなデザインのボルドーのドレス。こっくりとした色味は秋冬向き。

平服指定の小物類・アクセサリーの選び方

平服指定の場合、靴やパーティーバッグアクセサリーも比較的自由に選ぶことができます。

基本的にはドレスの色合いに合わせて、お好みで小物を選んで問題ありません。

ただし、昼間の結婚式の場合は、写真撮影をする際にきらびやかなバッグや靴が光に反射してしまう可能性があります。

昼間の結婚式や二次会にはビジューやラメなど、光輝くデザインの靴やバッグは控えるようにしましょう。

夕方から夜に行われるパーティーや同窓会の場合は光り輝く小物を選んでも問題ありません。

アクセサリーも同様に、昼間の結婚式の場合はゴールドやキラキラ光るダイヤモンドは避けた方が無難です。

結婚式パーティーが昼間・夜のどちらの時間帯に開催されるかによって、選び方が変わってきます。

平服指定といってもマナー違反になると新郎新婦にも迷惑をかけてしまいますので気をつけましょう。

どんな会場でもNG!平服の注意点

平服指定の結婚式や二次会、パーティーの場合、比較的カジュアルな会場で開かれることが多いです。

カジュアルな会場であっても注意したいのは、必ず肌の露出を抑えることが大切です。

気合を入れすぎて胸元や背中が大きく開いたドレスやノースリーブのドレスも一枚ではNGです。

結婚式や二次会、パーティーはお祝いの席ですから平服指定でも、過度な肌の露出は抑えるのがマナーです。

つま先の開いたミュールやサンダル、ブーツは平服指定であっても避けましょう。

昼間の結婚式に平服で出席する際は、ジャケットやショールボレロといった羽織ものを必ず用意します。

平服の場合スカートの丈は膝下が望ましく、座った時に膝が見えないように注意しましょう。

夕方から夜に開催される二次会の場合は、膝丈ぐらいのスカートでも問題ありません。

そして、お祝いの席では平服であっても動物柄やフェイクファーは殺生を連想させて縁起が悪いのでNGです。

アクセサリーは季節感のないガラスやファーなどは平服指定だとしても相応しくないので避けましょう。

花嫁よりも目立ってしまう派手なデザインのドレスや花嫁とかぶってしまう白いドレスもNGです。

平服指定でもお祝いの席であることは忘れずにマナーを守ってコーディネートを完成しましょう。

まとめ

今回は、結婚式や二次会パーティーにて平服指定のコーディネートについてご紹介しました。

招待状に「平服でお越しください」と記されている場合は主催者側の気遣いが込められています。

正装のかしこまった服装を用意しなくても、「綺麗めの服装であれば良いですよ」という意味です。

華やかなお祝いの席に招待されたことを忘れずに、服装マナーを守って出席することが大切です。

ワンピの魔法トップ