【立場別】50代女性が結婚式に参列するドレスの選び方

\今流行りの「ネットレンタル」がお得/

初めてでも安心のレンタルドレス ワンピの魔法 電話相談もお任せください!

\2021年人気のパーティードレスをcheak!/

年代別ドレスランキング

50代になると、親族として結婚式にお呼ばれするケースが増えていきます。

久しぶりにオシャレにドレスアップする機会は緊張感がありますね。

50代の結婚式お呼ばれドレスは、落ち着きのあるキチンとした印象を与える服装
が求められます。

お祝いの席に相応しく、地味すぎず上品な華やかさを目指すには、どのような服装が良いのでしょうか。

今回は、50代女性が結婚式に参加するドレス・羽織物・小物の選び方を解説します。

親、親戚、会社などの立場別におすすめドレスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

50代女性が結婚式に参列する服装マナー

20代・30代の頃までは、好みの色やデザインのドレスを選んでいたかもしれません。

しかし、40代・50代からは「品の良さ」「落ち着き」のある大人コーディネート
がカギとなります。

当然ながら、派手過ぎたり、脚や胸元が開いたデザインは結婚式お呼ばれドレスに相応しくありません。

50代女性は大人の落ち着きが感じられるフォーマルドレスがベストです。

しっかりとした素材を選ぶ

50代女性のお呼ばれドレス選びは、やや厚みのあるしっかりとした素材のドレスを選びましょう。

例えば、シャンタン素材、地模様のある厚みのある生地、刺繍入りのドレスはきちんとした印象を与えてくれます。

触った時に程よい厚みがあり、張りのある生地は高級感があり、大人の女性によく似合う素材です。

テロテロの素材のドレスはきちんとした印象にはならず、物によっては安っぽく見えてしまうので要注意。

柄物のドレスよりも無地の方がフォーマル度が高く、50代以降に断然おすすめです。

無地のドレスでも厚みのある生地のどれを選べば地味にならず、上品なイメージになるでしょう。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

上品なシフォン素材と、張りのあるスカート生地が、シンプルながら上質な雰囲気に。

上半身のバラ模様はラメ入りなので華やかに、スカートのシャンタン素材は高級感がある。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

光沢のしっとりと上質な美しい黒、丈が長めのデザインは50代のご親族様におすすめ。

質感が美しいしいネイビーのシャンタン素材と、柔らかな光沢を含んだシルバーのジャガードスカートのドレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

トップ部分の刺繡が華やかで品のあるシルバーのドレス。

ドレス全体に花の刺繍がちりばめられたネイビーのドレス。

肌の露出は極力抑えて

最近は、女性らしさを出すために、背中やデコルテが大きく開いたデザインのドレスが増えています。

夜の結婚式や二次会の場合は、適度な肌見せは華やかな印象になり、幅広い年齢層に取り入れられています。

しかし、昼間の披露宴では、年齢に関係なく、肌面積の露出を抑えることは基本的なルールです。

肌の露出が少ない方がフォーマル感が高くなり、かしこまった印象になります。

肩や腕、胸元・背中など、肌の露出は極力抑えて、必ずジャケットやショールを合わせましょう。

特に50代以降は大人のマナーを守ることが求められていますので、肌見せには注意が必要です。

ドレスが目立ちすぎないように、胸元に上品なパールネックレスを合わせて、大人っぽさを演出します。

また、スカートの丈の長さは、膝が見えるとフォーマル感に欠けてしまうので注意が必要です。

タイトスカートやマーメイドラインの場合は裾が広がって短くなってしまうので気をつけてください。

座った時に膝が見えないようなスカート丈を選ぶようにしましょう。

お呼ばれドレス選びは、立っている時の丈の長さだけではなく、座った時の長さも確かめることが大切です。

膝が見えそうな場合は、座った時に大きめのハンカチを膝元に置くようにしましょう。

  

地味になりすぎないように

50代以降は、黒やネイビー、ダークグリーン、ベージュといった落ち着いたカラーのドレスを選びます。

ただし、濃い色のドレスは全体が地味な印象になって喪服のようになりがちなので要注意。

せっかく華やかな席の披露宴ですから、適度な華やかさも必要です。

全体的に暗い印象になったら、アクセサリーやパーティーバッグ、靴などでの小物使いで明るさをプラスしましょう。

濃い色のドレスには、羽織物で明るい色を付け加えるのもおすすめです。

例えば、ネイビーやダークグリーンといったドレスを着た場合、ベージュ系のジャケットやショールを添えると華やかさがプラスされます。

50代だから目立たぬように控えめに…とするのではなく、明るいカラーも上手に使いましょう

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

赤紫のドレス。生地全体にシルバーのラメが入っていて上品でクラシカルな印象に。

発色の美しいブルーの袖付きドレス。胸元に散りばめられたビジューが顔周りを若々しく、華やかに見せてくれる。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

光沢感のある糸の入ったレースの袖が華やかな、深いグリーンのドレス。

上半身の立体的な刺繍が目を引くシルバーのドレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

くすみのある紫がかった青のドレス。アシンメトリーなデザインがポイントで、袖付き+締めつけ感のないゆったりとした着心地は安心感があり、40代後半以降の方におすすめ。

ウエスト位置にビジューのついたワインレッドのドレス。

全体が白っぽいコーデにならないように

先ほど、黒っぽいコーディネートは喪服を連想させるのでNGと伝えました。

また全身が白っぽいコーディネートも花嫁とかぶってしまうので、これもまたNGです。

白いドレスは花嫁の特権とよく知られており、結婚式参列者は避けなければなりません。

白いドレスだけでなくベージュはゴールドといった明るい色にも注意が必要です。

昼間の結婚式では、室内や屋外にて集合写真の写真撮影があります。

室内ではかなり強い照明があり、ガーデンウェディングでも日差しが強くなります。

そのため、ベージュやゴールド系のドレスの場合は光に反射して写真が白っぽくなってしまうのです。

50代以降は、黒やネイビーよりも若々しく明るい色のドレスを選びたいという方も多くなると思います。

ドレスを試着した時では問題なくても、写真を見ると、自分が花嫁のようになってしまう可能性もあるので要注意。

明るい色のドレスの場合、黒やネイビーのジャケットやショールの羽織物、靴・バッグを選びましょう。

50代以降のお呼ばれドレスは暗すぎてもNGですが白っぽすぎてもNGというわけです。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

シルバーの明るいドレスには黒で全体を引き締める。

ネイビーのドレスにはベージュの羽織をあわせ顔周りを明るく。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

羽織はベージュもしくはシルバーでお祝いらしい明るいコーデにするのがおすすめ。

スカートの柄を生かすために、羽織はドレスと同色のシルバー系を合わせるのがおすすめ。

50代女性に人気のお呼ばれドレスのカラー

20代・30代の頃は、ピンクやイエローといった明るいカラーが人気です。

40代・50代になると、落ち着いた色味の濃い色のドレスが定番人気です。

人気のドレスカラーは、黒、ネイビー、シルバー、ダークグリーン、ベージュ、パープルなどです。

濃い色のドレスの方が体型カバーできるので、体のラインが目立たないというメリットもあります。

最近は、おしゃれな50代女性の間でお呼ばれドレスに明るいカラーを選ぶ方も増えています。

50代で明るいドレスを着こなすのは難易度が高い…と感じる方も多いかもしれません。

しかし、靴やバッグにネイビーや黒などの反対色を入れると、意外と簡単にまとまります。

たまには明るいドレスを着たい!と思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

バッグと靴はラインストーンなど装飾のある黒のバッグと靴で合わせ、コーデのポイントに。

羽織はドレスと同色のシルバー系を合わせるのがおすすめ。その際は靴やバッグを黒で統一する。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

マットな質感とキラッと光る光沢感のある糸で織られたレース袖の対比が美しいネイビーのドレス。

結婚式の親族やブラックフォーマルとしても使える黒のドレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

生地の光沢が顔まわりを綺麗に見せてくれるベージュのドレスは、50代~のミセスやご親族様におすすめ。

ドレス全体に花の地模様があしらわれた深いグリーンのドレス。

立場別!50代女性が結婚式に参列するドレスの選び方

50代になると、ドレスのカラーやデザインだけでなく、体型も気になるところ…。

結婚式にお呼ばれする度にドレスを調達していたらお金と時間がかかってしまいますよね。

そんな時に便利なのが、ネットでお呼ばれドレスをレンタルできるサービスです。

自宅にいながらスマホから自分に合ったドレスを注文できるので便利!

お呼ばれドレスのネットレンタル「ワンピの魔法」は全身コーディネートが叶うサービスです。

「ワンピの魔法」ならば、平均1万円で50代女性に最適なドレス・羽織物・バッグ・アクセサリーを揃えることができます。

ここからは、50代女性の立場別にオススメの結婚式お呼ばれドレスをご紹介しましょう。

50代の親のお呼ばれドレス

母親は結婚式参列者の中でも最もフォーマル感が重要視される立場です。

新郎新婦と一緒にゲストをお迎えする側になりますので、きちんとした正装を選びましょう。

母親の服装は和装の場合は黒留袖、洋装の場合はカクテルドレス・イブニングドレスが適しています。

スカート丈はくるぶしが隠れるくらいのロングドレスが上品な印象を与えます。

半袖のドレスの場合は、ジャケットやショールなどの羽織物を添えましょう。

刺繍やレースが施されたドレスは黒やネイビーといった落ち着いた色味でも上品にまとまります。

光沢のある柔らかな上質素材を選べば、50代の母親らしい素敵なコーディネートになるでしょう。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

光沢のある柔らかい生地のジャケットとのセットアップは立体的な刺繍がポイント。

長めの丈、上品なシフォン素材、張りのあるスカート生地、高級感のある刺繍は50代女性に最適。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

黒のレースに立体的な花柄の装飾が特徴の黒のドレス。

上半身の立体的な刺繍が目を引くシルバーのドレス。

50代の叔母のお呼ばれドレス

甥っ子、姪っ子の叔母として参列する50代女性は、華やかさよりもフォーマル感を意識しましょう。

叔母が留袖などの和装を選ぶ場合は、新郎新婦の両親と相談して格式が上にならないように要注意。

人気のドレスカラーは黒、ネイビー、シルバー、ベージュなど落ち着いた色味が適しています。

親戚はおもてなしする側になるので、肌の露出を控え、きちんと感と上品さを意識しましょう。

華やかなお祝いの席ですから、喪服のように暗い印象になってしまわないように注意が必要です。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

軽やかなシフォン素材の黒いドレス。スカートの裾に向けて流れるような優雅なデザイン。体のラインが綺麗に見えるが、気になる方は補正下着を。

胸元のシフォン生地とウエストの刺繍、高級感のあるシャンタン生地のスカートは40代のご親族様に最適。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

少し青みがかったパープルのドレス。ふんわりとしたシフォン生地のスカートと、アシンメトリーの丈が、脚を目立ちにくくしてくれる。

紫がかったネイビーのドレス。ウエストのフィット感とスカートの自然な広がりは、体のラインをきれいに見せてくれ、シルエット重視の50代の方におすすめ。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

トレンドの花柄がポイントで、40代後半~50代のミセスをエレガントで凛とした印象にしてくれる。

1枚でコーディネートが決まる、袖付きのネイビーのドレス。

50代の友人のお呼ばれドレス

友人として結婚式に出席する50代女性も落ち着いたフォーマルスタイルがベストです。

ドレス地に模様やレースがあるドレスは女性らしいエレガントなスタイルになります。

披露宴から2次会まで参加される場合は、長時間着用しても疲れにくい、ゆったりとしたシルエットのドレスをおすすめします。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

グリーンのサテン地に、黒のオーガンジーを重ねたドレス。生地にリボンテープで花柄の刺繍が施されているので、高級感がある。

シャンタン素材が華やかでエレガントなIラインドレスは50代以上の方におすすめ。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

光沢感のある糸の入ったレースの袖が華やかな、深いグリーンのドレス。

黒と茶のレースが交互に組み合わされた長め丈のドレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

すっきりとしたIラインのベージュのワンピースに、黒のポンチョを羽織った上品なセットアップドレスは50代以上のミセスにおすすめ。

しっかりとした高級感のある生地に黒やバラ模様が上品なネイビーのドレス。

50代の会社関係のお呼ばれドレス

50代女性が新郎新婦の友人として出席する場合は新先ほどフォーマル度は重要視されません。

オフィスカジュアルにならないように華やかさを添えてお祝いの気持ちを表現しましょう。

ベージュやシルバーのドレスは小物使いに黒を入れると引き締まったコーディネートになります。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

縦のラインを強調するIラインシルエット、ネイビーのシャンタン素材は40代後半の方におすすめ。

紫がかったネイビーのドレス。ウエストのフィット感とスカートの自然な広がりは、体のラインをきれいに見せてくれる。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

花模様が入った、シルバーグレーのドレス。上品で光沢のあるシルバーは、50代以上の方によく似合う。

体にフィットし、動きやすいジャージー素材のドレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

黒と茶のレースが交互に組み合わされた長め丈のドレス。

ラメ入りの上品なシルバードレスは、「せっかくの祝いごとだし、暗い色のドレスは着たくない」という50代の方におすすめ。

50代女性のお呼ばれドレスに合わせる靴とバッグ

50代女性のお呼ばれドレスに合わせたい靴やバッグについて見ていきましょう。

足元は必ずナチュラルなベージュのストッキングを着用し、真夏でも素足はNGです。

黒のタイツや網ストッキング、柄物ストッキングもカジュアルになるので避けましょう。

靴はヒール3センチから5センチ程度のパンプスを合わせると結婚式のフォーマルの席にふさわしいです。

つま先が開いたミュールやサンダルブーツといった靴はカジュアルになるので避けてください。

結婚式お呼ばれドレスに合わせるパーティーバッグは小さめのサイズを選びます。

バッグ選びの注意点としては動物柄やファー素材革製品は殺生イメージするのでお祝いの席にNGです。

大きいバッグやサブバッグは会場に持ち込まずクロークに預けるようにしましょう。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

いつもとは違うパーティーバッグを持ちたい方におすすめ。

マチがありコロンとしたフォルムは、見た目以上の収納力があり、ご祝儀袋も入る大きさ。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

光沢のあるベージュのプリーツ生地にラインストーンが華やかで、パーティーらしいバッグ。

光沢感のあるベージュのサテンのバッグ。ベージュの色味はややピンクがかっているので、より女性らしい印象になる。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

中央のストーンがワンポイントになった、プリーツ生地のネイビーのバッグ。

ゴールドのビーズとシルバーのビジューが散りばめられたバッグ。

50代女性のお呼ばれドレスに合わせるアクセサリー

50代女性のお呼ばれドレスに合わせるアクセサリーは、定番の一連パールのネックレスが最適です。

白のパールネックレスはロングタイプやボリュームのあるデザインは上品な華やかさを演出できます。

夕方から夜にかけての二次会にはラインストーンやビジュー、がついたアクセサリーも適しています。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

高品質な貝パールは、上品な光沢感があり、20代~50代と幅広い年代に。

シルバーの花びらの中心に、パールやビーズがあしらわれたクラシカルな印象のネックレス。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

貝パールのネックレス。大粒で存在感があるが、やや重めなので肩がこりやすい。

王道のパールを使用したのロングネックレス。3連・4連・ツイスト(ねじってショートナーで留める)の3wayで使用できる。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

白パールとブルーグリーンのストーンが付いた2連のネックレス。

ボリュームのある3連のパールネックレス。横についたビジューが華やかなポイントになるので、シンプルなドレスを華やかな印象にしたい時に是非使って欲しい。

お祝いの席で時計は外す

披露宴では時計は外しておくことがマナーです。

時計をつけていると「お祝いの席なのに時間を気にしている」と思われてしまうからです。
最近ではそこまで気にする人も少なくなりましたが、マナーを気にされる方が周りにいらっしゃる場合は外していくことがスマートでしょう。

50代女性のお呼ばれドレスの羽織物

50代女性がドレスの上に羽織るものはフォーマルに見えるジャケットがオススメです。

友人の結婚式で華やかさを演出するならばラメや刺繍入りの長袖ボレロがおすすめ。

ドレスにショール・ストールを合わせても素敵ですが、肩からずり落ちないように注意しましょう。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

七分袖のベージュのジャケット風ボレロ。光りすぎない光沢感が、上品できちんと感のある印象に。

光沢のあるネイビーの長袖ボレロ。織目が横に入ったシャンタン素材で、生地に張りがあるので、きちんと感のある正統派な印象。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

ゴールドの五分袖ボレロ。やわらかな、伸縮性のある生地で、かっちりとしすぎずさらりと着られる。

ジャガード柄のライトベージュの七分袖ボレロ。

50代結婚式ドレス 50代結婚式ドレス

シルバーの七分袖のジャケット。織り目の入ったシャンタン素材や裾や袖のフリルがエレガントで高級感のあるデザイン。

ベージュの長袖のジャケット。織り目の入ったシャンタン素材や裾と袖のフリルがエレガントで高級感のあるデザイン。

50代女性の結婚式に必要な持ち物

結婚式当日に慌ててしまわないように必要な持ち物は事前に準備しておきましょう。

  • 結婚式の招待状
  • ご祝儀
  • 袱紗
  • パーティーバッグ
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 予備のストッキング
  • カメラ

まとめ

今回は、50代女性が結婚式お呼ばれドレスを選ぶ際のポイントをご紹介しました。

ぜひドレス選びや小物選びの参考にして頂いて、当日の結婚式をお楽しみください。

\今流行りの「ネットレンタル」がお得/

ワンピの魔法トップ

トレンドお呼ばれドレスがALL4980円でレンタル! レンタルドレスのリリアージュ

ワンピの魔法へ

ワンピマガジントップへ