【立場別】40代女性が結婚式に参列する服装・ドレスの選び方

20代・30代の頃は友人や同僚の結婚式にお呼ばれされるケースが多いです。

40代以降になると、叔母、親戚、友人、会社関係など様々な立場で結婚式に招待されることが増えていきます。

40代女性の結婚式お呼ばれドレスは、自分の立場をわきまえて上品なドレスを選びたいものです。

今回は、アラフォー世代の女性に向けて結婚式お呼ばれドレスや小物の選び方、マナーを解説します。

親族や友人、会社関係など、立場別におすすめドレスもご紹介しますので、ぜひ最後まで参考にしてみてくださいね。

40代女性のお呼ばれドレスの選び方

40代女性が久しぶりに結婚式の招待状をもらうと、ワクワクした気持ちになることでしょう。

40代になると、新郎新婦の親戚、友人、会社関係など様々な立場で出席することになります。

久しぶりの披露宴に招待されて、「衣装は何にしよう…」と悩む方は多いかもしれません。

昔に購入した黒いドレスは40代になっても着られるだろうと着てみるとサイズが合わなかったり…。

20代30代の頃と40代では、体型も変わってくるので手持ちのドレスでは着こなしが難しいかもしれません。

大人の魅力がある40代女性だからこそ、ドレス選びは上品な着こなしを心がけることが大切です。

結婚式に出席する自分の立場もわきまえて、ドレスの色やデザインを選ぶと良いでしょう。

40代女性のお呼ばれドレスに人気のカラー

20代・30代の頃はピンクやブルーなど自分の好きなカラーのドレスを選んで楽しんでいた方も多いかと思います。

40代からは落ち着きや上品さも求められるのでドレスのカラー選びも重要なポイント。

結婚式フォーマルドレスの定番はブラック、ネイビー、パープル、ブルー・グリーン系などシックなカラーが人気です。

どれも色のトーンが濃い目なカラーのドレスがエレガントな印象を与えるため人気があります。

パステル系のピンクやイエローは膨張色になり体のラインが目立つので、難易度が高めです。

40代ミセスを素敵に演出するならば、ブラックやネイビー、カラードレスならば寒色系を選ぶことをおすすめします。

光沢のあるモスグリーンやネイビー、黒で全体にレースがあしらわれているドレスは、落ち着いたカラーでも華やかな印象を与えます。

全身が黒のドレスは全体の印象が暗くなってしまうため、お祝いの席らしく華やかさをプラス。

例えば、ベージュのジャケット、パールやラメ入りのショールやストールなど、小物類で明るさをプラスすることがポイント。

エレガントな明るいベージュのパーティーバッグを添えると全体のコーデが華やかになります。

40代のお呼ばれゲストは黒のドレスを選ぶ人が多いので、明るいカラーも上手に取り入れましょう。

格式高いホテルウェディングや結婚式会場の場合はドレスの生地も上質なものを選びたいですね。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

マットな質感とキラッと光る光沢感のある糸で織られたレース袖の対比が美しいネイビーのドレス。

ひじまでの長さがある袖と、ウエストの片側のペプラムが取り外しでき、いろんな着方が楽しめるグリーンのドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

やわらかな黒のトップスに、ブラウンのスカートのバイカラーのドレス。スカート部は、ハリ感と高級感がある。

ベージュのサテンに水色のバラの花柄は、存在感もあり上品でエレガント。切替位置が高いので脚長効果も。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

デコルテのレースや胸元のフリルなど、細部に女性らしさが盛り込まれた濃いグレーのドレス。

筆で書いたような特徴的な柄がポイントのライトカーキのドレス。

肌の露出を極力抑えること

40代女性のお呼ばれドレスで気をつけたいことは、肌の露出を抑えることが大切です。

昼間の結婚式では、年齢や立場に関係なく、肩や腕・胸元・背中など、肌面積の露出を抑えることは大切です。

最近は、ノースリーブのドレスやヒザ上のカクテルドレスも増えていますが、原則は肌見せはNGです。

ノースリーブや半袖のドレスを選んでも問題ありませんがその場合必ずジャケット、ショール・ストールを羽織るようにしてください。

丈の長さは、座った時にも膝が見えない長めのドレスがフォーマルに適しています。

デコルテラインは大きく開いたものより、襟元が詰まったドレスが上品な印象です。

ドレスに添えるアクセサリーは光物は控えて、一連パールネックレスを添えると上品にまとまります。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

胸元のレース使いとウエストのリボンがポイントになっているネイビーのロング丈ドレス。

質感が美しいしいネイビーのシャンタン素材と、柔らかな光沢を含んだシルバーのジャガードスカートのドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

黒のロングドレスは重たく見えがちだが、このドレスはシフォン素材なので軽やか。

やわらかなネイビーのトップスに、麻を思わせるような地模様のある水色のスカートのバイカラーのドレス。

40代女性のお呼ばれドレスに合わせる羽織もの

ノースリーブや半袖のドレスを選んだ場合は必ず羽織ものを用意します。

40代女性には、シックな装いになるジャケットスタイルがおすすめです。

例えば、ブラックやネイビーといったダークカラーのドレスを選んだ場合は、ベージュやシルバーの明るい色の羽織ものを選ぶと良いでしょう。

ジャケットはかっちりしすぎて苦手という方は女性らしいボレロを着用すると優しい印象になります。

光沢のあるシャンタン素材や総レースのストールやショールも40代女性に人気があります。

ショールやストールは、ジャケットよりも華やかな印象になり若々しく見えるのがメリットです。

ただし、参列者とご挨拶をする際や食事の際にショールが肩からずり落ちてしまう可能性があります。

ショールやストールを肩からかけるだけでは、着崩れしやすいので、必ずピンで留めたり落ちない結び方をするようにしてください。

何度もショールがずれ落ちてしまうと肩が見えてしまい、フォーマル感に欠けてしまうので要注意。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

七分袖のベージュのジャケット風ボレロ。光りすぎない光沢感が、上品できちんと感のある印象に。

ゴールドのストール。肌触りの良い伸縮性のある生地は透け感がなく安心。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

黒の七分袖ボレロ。襟付きのデザインでかっちりとした印象なので、マナーを大事にしたいご親族様や上司としてのご出席におすすめ。

ネイビーの七分袖ジャケット。織り目が横に入ったシャンタン素材はきちんと感があり安心して着られる。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

グレージュの長袖ジャケット。パール部を取り外して留めるピンクリップボタンが、華やかなワンポイントに。

黒の七分袖ジャケット。かっちりとしたジャケットだが、プリーツの襟が前下がりになっていて、かしこまり過ぎずパーティーらしい印象に。

羽織もの選びの注意点

ノースリーブや半袖のドレスを選んだ場合は必ず羽織ものを用意することをお忘れなく。

昼間に開催される披露宴の場合は、年齢や立場に関係なく肌の露出を抑えることがマナーです。

一枚のドレスでは、肩や腕、背中、胸元など肌の露出が多い場合はジャケット・ショールを羽織ります。

40代女性の羽織ものの選び方はドレスのカラーに合わせて選ぶことをお勧めします。

ブラックやネイビーのドレスを選んだ場合は、羽織物は明るいカラーを選ぶと華やかにまとまります。

ベージュやブラウンといった明るめのカラードレスを選んだ場合は羽織物は黒やネイビーで引き締めます。

淡いカラーのドレスに明るい羽織ものを合わせると写真撮影の際に光が反射して白っぽく見えてしまうので要注意。

結婚式は華やかなお祝いの席ですので、喪服のような真っ黒のコーディネート、花嫁とかぶる白っぽい服装はNGです。

きっちりとした印象を与えるならばジャケット華やかなコーデになるのはショールやストールです。

20代・30代の結婚式に着る羽織ものといえばボレロが人気ですが、40代以降は苦手な方も多いかもしれません。

全体的に可愛らしい印象になるボレロですが、最近はジャケットとボレロの中間にあたる「ジャレロ」というアイテムも増えてきています。

40代女性はドレスに合わせて最適な羽織ものを選び大人上品にまとめましょう。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ベージュなど明るいドレスは、バッグや靴も羽織と同色でまとめると、統一感が出てまとまりのあるコーディネートに。

反対にネイビーや黒などの色の濃いドレスには顔周りを明るくするベージュやシルバーの羽織がおすすめ。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

こっくりとした深い色味のワインレッドのドレス。上半身からウエストに向けて入ったV字のタックは胸元をすっきり見せてくれる

やわらかなネイビーのトップスに、麻を思わせるような地模様のある水色のスカートのバイカラーのドレス。

40代女性のお呼ばれ衣装はセットアップもおすすめ

40代女性のお呼ばれ衣装はドレスの他、アンサンブルなどのセットアップもおすすめです。

上下のセットアップはきちんとした印象になり、フォーマルな印象を与えるので、40代女性によく似合います。

色味がネイビーやブラックなどダークカラーの場合、全体的に地味になってしまうので要注意。

結婚式お呼ばれゲストが華やかな装いをすることはお祝いの席としてのマナーでもあります。

鏡で見た時に地味で重い印象になった場合は、靴やパーティーバッグ、羽織物で明るいカラーをプラスしましょう。

着痩せしたい40代女性の結婚式お呼ばれドレス

40代以降になると、気になるお腹周りや下半身など体型カバーできるドレスが人気です。

久しぶりに会う友人が多く集まる結婚式では少しでも若々しく華やかなコーデをしたいですよね。

40代女性の着やせするお呼ばれコーデは、ネイビーやグリーンなど引き締めカラーを選ぶことが鉄則です。

ダークグリーンやネイビー、ブラックのドレスは体のラインが目立たず着やせして見えます。

ライトブルーや明るいピンクなどのパステルカラーを体が膨張して見えるのでNG。

また、ドレスのデザインがハイウエストになっていると脚長効果が期待できてスラッとした印象になりおすすめです。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

トップスのレース地がお顔周りを華やかに見せてくれるネイビーのドレス。

アシンメトリーなデザインがポイントで、袖付き+締めつけ感のないゆったりとした着心地は安心感がある。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ネイビーのロングドレス。スカートは、揺れ感のあるシルエットで女性らしく、揺れるたびに見えるレースが優美。

ツーピース風のデザインのネイビーのドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

つや感のある深いグリーンのドレス。V字に重なる胸元や、ドレープの入ったスカートは、控えめバストやぽっこりお腹をカバーしてスタイルよく見せてくれる。

アシンメトリーなデザインがポイントで、袖付き+黒のレーススカートからのぞくベージュがシックで大人っぽい黒のドレス。

40代女性が親族として結婚式に参加するドレス選び

新郎新婦の母親として結婚式に出席する40代女性は親族の中でも最も正装を意識することが大切です。

最もフォーマル(正装)の服装は、和装の場合は黒留袖、色留袖、洋装はアフタヌーンドレスです。

娘や息子の結婚式なら黒留袖で出席することが多いですが、最近はフォーマルドレスも増えています

両家の親戚と当日の服装を話し合い、結婚式会場の格式に合わせて衣装を決めましょう。

姪っ子や甥っ子の叔母(伯母)としての立場で参列する場合もゲストを迎える主催側となります。

そのため、新郎新婦の友人や会社関係者よりも派手にならないように落ち着いた装いが求められます。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ウエストリボンと透け感のあるプリーツの袖が40代女性を若々しく見せてくれるデザイン。

光沢感のある素材とレースの袖が華やかな深いグリーンのドレスは、大人の上品さを演出します。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ハイウエストの切り替えしで脚が長く見えるシルバードレス。

1枚でコーディネートが決まる、袖付きのネイビーのドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ご親族の方に定番のネイビーのドレス。丈が長く、落ち着いた上品なドレスは40代の方におすすめ。

肩から袖にかけてのレース地やプリーツスカートが上品なネイビーのドレス。

40代女性が友人として結婚式に参加するドレス選び

40代女性が友人として結婚式に参加する場合は、新郎新婦の親戚のように主催側にはならず、迎えられる側となります。

露出やカラーは抑えながらも会場に華を添えるような衣装を選びましょう。

ドレス選びはスカートの丈や胸元の開き具合など、肌の露出も控えるように注意してください。

最近は、パンツスタイルで結婚式に参加される方も増えました。

年配の方にはカジュアルな印象を与えることもありますので、会場の格式も併せて考慮しましょう。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

Vネックなので顔回りや上半身をスッキリと見せてくれる。型が崩れにくいシルエットは、立ち姿が綺麗。

ウエストよりも高めの位置でトップスをクロスさせたようなデザインが、バストをすっきりと見せ全体のアクセントに。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ふんわりとした裾がエレガントな、深いブルーグリーンのドレス。

黒レースの下からのぞくブラウンのハイネックと、背中の流れるドレープがクールさとこなれ感をあわせもつ黒のパンツドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

黒と茶のレースが交互に組み合わされた長め丈のドレス。

取り外しのできるビジューの襟のついた深いグリーンのドレス。

40代女性が会社関係者として結婚式に参加するドレス選び

40代で会社関係の結婚式に出席する場合、新郎新婦の上司にあたる場合が多いです。

会社関係者として出席する場合は、主賓や上司から挨拶を頼まれる方もいらっしゃるでしょう。

露出を抑えたフォーマルドレスにジャケットを合わせたスタイルが最適です。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

胸元からフレンチスリーブの袖へと広がるレースがかわいらしく、清楚な雰囲気のネイビーのドレス。

マットな質感のベージュのドレスは襟元からスカート裾まで続く縦の黒ラインがスタイルアップ。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

濃く、気品のある紺色は幅広い年齢に似合うが、特に40代~50代の方におすすめ。

シャンタン素材や、ベージュのサテン生地が、模様入りのチュールから透けて見える高級感のあるネイビーのドレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

上品な光沢感が美しい深いネイビーのドレス。Vネックは顔まわりをすっきりと見せてくれ、タイトなシルエットで大人っぽく女性らしい印象になる。

スカートのレースが軽やかさを出してくれるピンクベージュのドレス。

40代女性のお呼ばれドレスに合わせる小物類の選び方

ここからは、40代女性のお呼ばれドレスに合わせる靴やバッグの選び方を見ていきましょう。

足元は必ず肌色に近いベージュのストッキングを着用してください。

黒いタイツや柄物ストッキング、網タイツはフォーマルな席にふさわしくありませんのでNGです。

靴はヒール3センチから5センチ程度のパンプスを合わせると上品な印象になります。

つま先が見えるミュールやサンダルブーツはどんな高級ブランドでも、結婚式にはふさわしくありませんので避けてください。

パーティーバッグは小ぶりで華やかなものを選べばコーディネートのアクセントになります。

昼間の結婚式では、ビジューや宝石など光る素材が多くついたものは、光に反射してしまうので避けたほうが無難です。

素材やフェイクファー、ヒョウ柄などのパーティーバッグも動物の殺生をイメージさせてしまうので避けます。

披露宴だけでなくカジュアルな2次会でもNGマナーとなるので注意してください。

当日の荷物が着替えで大きくなってしまう場合は、大きなバッグや紙袋はクロークに預けましょう。

c

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

中央のストーンがワンポイントになった、プリーツ生地のベージュのバッグ。

ネイビー×シルバーがクールの雰囲気の2トーンのバッグ。パールとビジューがキラキラと輝き上品で華やかさがある。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

光沢感のあるサテンの黒のバッグ。白パールとビジューのポイントは、コーディネートに少しアクセントを加えたい方に。

シルバーの持ち手とラインストーンがパーティーらしく、華やかなネイビーのプリーツバッグ。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

シルバーのビーズのビジューが散りばめられたバッグ。

光沢のあるベージュのプリーツ生地にラインストーンが華やかで、パーティーらしいバッグ。

40代女性のお呼ばれドレスに合わせるアクセサリーの選び方

アクセサリーも40代女性は品の良さを重視してパールのなど光を抑えたアイテムを選びます。

一連パールネックレスや品の良いコサージュは結婚式にふさわしく大人のコーデに最適です。

夕方から夜にかけての2次会にはゴールドや宝石の光るアクセサリーを着用しても問題ありません。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

シンプルなデザインの、白パールのネックレス。高品質な貝パールは、上品な光沢感があり、20代~50代と幅広い年代に。

白い淡水パールの間に、スパンコールの粒がキラキラと輝く、ショート丈ネックレス。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

ゴールドのビジュー付きチョーカー。チョーカータイプなので、人とは違うシャープで洗練されたデザインのものをお召しになりたい方にぴったり。

ゴールドのチェーンにパールのついた2連のロングネックレス。外側と内側で大きさの異なるパールや、華奢なゴールドのチェーンは女性らしくおしゃれ感が増して見える。

40代結婚式ドレス 40代結婚式ドレス

エメラルドグリーンの花モチーフがポイントの、二連パールのネックレス。

白パールとブルーグリーンのストーンが付いた2連のネックレス。大小のパールとストーンが重なり合い、華やかでパーティーらしい。

まとめ

40代女性は全身の印象をシックにまとめて、品の良いコーディネートを目指しましょう。

新郎新婦の母親、親戚、友人、会社関係など立場も意識してお祝いの気持ちを表します。