結婚式にお呼ばれしたときの当日の流れとマナー

[幹事さん必見]結婚式二次会当日のスケジュールと仕事内容

学生や新社会人の中には、まだ一度も結婚式に出席したことがない方も多いでしょう。

年齢を重ねると、同級生や親戚、会社の同僚などが続々と結婚するようになり、結婚式にお呼ばれする機会も必然的に増えます。
この記事では、結婚式当日の流れやマナーを紹介します。不安を感じている方はチェックしておきましょう。

結婚式当日の服装はスーツやワンピースが一般的

結婚式の様子

結婚式当日には、男性ならスーツ、女性ならドレスやお洒落なワンピースを着るのが一般的です。
しかし、知らないとマナー違反になる注意点もあるので確認しておきましょう。

知らないと恥をかく男性の服装

当然のことながら、結婚式の主役は新郎新婦です。したがって、男性であれば新郎よりも派手な服装はNG
新郎と衣装がかぶりそうな明るいグレーは避けたほうが無難で、真っ白なスーツも避ける必要があります。

結婚式初心者は、ダークカラーのスーツを選ぶのがおすすめです。ダークカラーといっても、真っ黒のスーツに黒系のネクタイを選択することはやめましょう。
お祝いの席なのに、まるでお葬式のようになってしまいます。黒のスーツには、明るい色のネクタイを合わせましょう。

目立つ柄の入ったスーツやシャツもNGで、バックルが大きすぎる派手なベルトも控えましょう。
いつも仕事で使用しているビジネススーツもNGではありませんが、いかにも仕事に行くような格好は、マナー的にはよくありません。ビジネススーツを選択した場合は、シャツやネクタイなどの合わせ方を工夫して、フォーマル感を出しましょう。

結婚式では、アニマル柄は動物の殺生をイメージさせることから「縁起が悪い」といわれています。大柄でもなく、ワンポイントでアニマル柄を取り入れてお洒落をする方も多いようですが、結婚式では避けるべきです。最近では靴下を履かないでお洒落を楽しむ方も増えていますが、フォーマルな結婚式ではきちんと足首が隠れる長さの靴下を選択しましょう。

知らないと恥をかく女性の服装

男性の場合と同じように、白は結婚式の主役である新婦の色です。黒は喪服をイメージさせるので、ドレスだとしても真っ白や真っ黒の服装は結婚式ではNGです。ベージュやシルバーなどでも、遠くから見ると真っ白に見えることもあるので気をつけましょう。

結婚式では肩出しはNGなので、ノースリーブの場合は必ず羽織物が必要となります。胸の谷間が強調されるなど、露出の多い洋服は控えましょう。カジュアルな夜に行われる披露宴では肩出しはOKですが、結婚式初心者は控えたほうがよいでしょう。スカートの丈にも注意が必要で、膝上10cm以上のミニ丈はNGです。

アニマル柄は動物の殺生をイメージさせるので結婚式ではNGと前記しましたが、女性の場合はバッグやファーに動物が使用されている可能性が高いので、十分な注意が必要です。

生花を使用した花飾りは、新婦とかぶる可能性が高いので避けたほうがよく、揺れるタイプのイアリングやピアスは、「家庭が揺れる」という意味があるため避けてください。
そのほかにも、あまりにも目立ち過ぎるアクセサリーは着用しないほうがよいでしょう。

結婚式でわたすご祝儀の相場は3万円

ご祝儀袋

はじめて結婚式に招待された場合に、多くの方が最も気になることにご祝儀が挙げられます。若い方であれば単純に懐事情が厳しいということもありますが、ご祝儀にいくら包めばよいのかという疑問が生じます。

結婚式のご祝儀の相場は3万円!ただし年齢によっても異なる

一般的な結婚式のご祝儀相場は3万円とされています。ただし、新郎新婦との関係性や、年齢によっても金額は変わってきます。

新郎新婦が友人・知人、会社の同僚の場合のご祝儀相場は3万円ですが、ご自身が20代の場合は2~3万円、30代以上の場合は3~5万円です。会社の上司、恩師の場合は3~5万円ですが、年齢や関係性によって金額が上下します。

兄弟・姉妹や親戚の場合は5~10万円と金額が大きくなり、20代の場合は兄弟・姉妹だと3~5万円ですが、いとこになると2~5万円と金額が下がります。30代だと兄弟・姉妹で5~10万円、いとこだと3~5万円、40代以上になると、いとこでもご祝儀相場は5~10万円とアップします。

結婚式にご夫婦で招待された場合は、5~7万円がご祝儀相場ですが、金額が少ないと感じる場合は、ご祝儀に加えてお祝いの品を用意する方も多いようです。

会費制の結婚式では、1~2万円が相場_ですが、ご友人同士などで会費とは別にお祝いの品を送る場合も多いので、結婚式に出席するお知り合いがいる場合は、その方たちに事前に確認してみることをおすすめします。

結婚式の受付で気をつけることは?

ウエディングチェックリスト

はじめて結婚式にお呼ばれした場合、最初の関門となるのが受付で、「どのような挨拶をすればよいの?」「どのくらい前に受付を済ませておけばよいの?」などいろいろな疑問を持つ方も多いようです。

結婚式の受付の流れを確認して15分前には終わらせよう

受付の流れは、ご祝儀の受けわたしからはじまり、芳名帳への記帳、ゲストカードの受けわたし、席次表の案内、必要であれば控室の案内という順番で対応が行われます。

受付をする時間は、結婚式の招待状に記載された集合時間を目安に行えば大丈夫ですが、時間の記載がない場合はなるべく余裕を持って、式がはじまる30分前には到着するようにして、15~30分前に受付を済ませることを心がけましょう。会場の規模にもよりますが、一般的に受付が開始されるのも式の15~30分ほど前からです。

受付係は、新郎新婦の立場で受付を行っているため、結婚式の受付では「本日は大変おめでとうございます」などのお祝いの言葉を伝えるのがマナーです。新郎新婦別々に受付が分かれていない場合は、受付をはじめる前に新郎新婦どちら側の招待客であるかを伝えることが礼儀で、そうすることでスムーズに受付を通ることができます。

ご祝儀袋をわたす際には、袱紗(ふくさ)を用意した場合はそこから取り出し、必ずご祝儀袋の正面を相手に向けて、両手で差し出しましょう。それ以外は、受付係の案内にしたがって受け答えをすれば問題ありません。はじめてのことなので緊張するかもしれませんが、焦らず落ち着いて手続きをすれば大丈夫です。

結婚式のゲストカードの意味と記入方法

何度か結婚式に出席したことがあっても、ゲストカードについては知らない方も多いようです。ゲストカードは必需品ではありませんが、最近の結婚式ではよく利用されているアイテムで、挙式や披露宴の招待状に同封されてくるカードです。

受け取ったゲストカードは、結婚式当日の受付の際に受付係に手わたし、カードと引き換えに席次表などが渡されます。これまでの結婚式の受付では、ゲストの記帳に時間がかかり、特に出席人数が多い結婚式では受付に長蛇の列ができてしまい、スムーズに受付ができない事態がよく起こっていましたが、ゲストカードを利用すれば、記帳の手間を省けるのです。

ゲストカードの記入方法

ゲストカードは受付をスムーズにする以外にも、新郎新婦にとっては記念に残るメッセージをゲストから受け取れるというメリットがあります。招待状には、当日持参するようにとの記載があるので忘れることはないと思いますが、もし忘れたとしても、受付には予備が置かれているので過度な心配は不要です。

ゲストカードには、氏名・住所などを記載するほか、新郎新婦へのメッセージを書く欄が用意されています。メッセージはストレートな気持ちを書いて構いませんが、お祝い事であることを忘れず、相手が不愉快になるようなことを書くのは避けましょう。冗談のつもりでも、下品な言葉や暴露話は避けるのが常識です。

挙式と披露宴の流れと正しい過ごし方

披露宴の席

 

結婚式は、多くの女性にとって一生の中で最も大きなイベントで、挙式や披露宴で取り入れたい演出はたくさんあります。そのため、結婚式によっても流れは異なりますが、挙式と披露宴の一般的な進行の流れをご紹介しておきます。

挙式の流れ

挙式にはキリスト教式、神前式、人前式と大きく分けると3つの種類がありますが、ここでは最も人気があるキリスト教式の流れを紹介します。

挙式は、披露宴がはじまる前に親族と親しい友人・知人などで行われるのが一般的です。挙式への参列者が教会へ入場した後、

  • 牧師により開式の辞宣言
  • 新郎入場
  • 新婦入場
  • 賛美歌斉唱
  • 牧師が聖書を朗読
  • 誓約
  • 指輪の交換
  • 結婚証明書への署名
  • 誓いのキス
  • 結婚成立宣言
  • 新郎新婦退場
  • 列席者退場

という流れで執り行われます。

挙式の後は、よくテレビドラマや映画などでも観るように、教会の鐘が鳴る中、フラワーシャワーなどが行われ、新郎新婦を参列者全員で祝福します。挙式にかかる時間は、おおよそ30分です。

披露宴の流れ

結婚披露宴は、挙式が終了した後に時間を空けて執り行われます。

ゲストが会場に入場した後、

  • 新郎新婦入場
  • 開宴の挨拶
  • 新郎新婦紹介
  • 主賓挨拶
  • 乾杯
  • ウエディングケーキ入刀
  • 歓談と食事開始
  • ゲストのスピーチ
  • 新婦・新郎お色直しの退場
  • 新郎新婦再入場・キャンドルサービス
  • ゲストによる余興
  • 祝電の紹介
  • 親への手紙・花束贈呈
  • 謝辞
  • 閉会の辞
  • 新郎新婦の退場
  • ゲストの退場
  • お見送り

という流れで執り行われます。披露宴全体にかかる時間は、おおよそ2時間半が一般的です。

結婚式で絶対にやってはいけないことは?

当然大人として、結婚式中に大声をあげることや、酔っ払って人に迷惑をかけるようなことをしてはいけないわけですが、新郎新婦を長時間独占するのは完全なマナー違反です。

久しぶりに会った場合は、ついつい長話をしたくなる気持ちはわかりますが、特にたくさんの参列者がいる場合は、お祝い程度の声かけにとどめて、2次会や後日改めて会う機会を設けましょう。

結婚式は、ただ楽しいだけの宴会や飲み会ではありません。厳粛な雰囲気の中で行われるセレモニーということを認識して、主賓の祝辞や挨拶などのときには、周りと大声でおしゃべりをしないで、静かに話を聞くことを心がけましょう。

披露宴を盛り上げようとして、前に出て写真撮影することは問題ありませんが、ほかの人を押しのけるような真似は、絶対にしないように気をつけましょう。結婚式の写真やビデオを残すために、プロのカメラマンや業者を雇っているケースもありますので、そのような方たちの邪魔になってもいけません。

結婚式の流れやマナーを知って新郎新婦を祝福しよう!

結婚式を祝おう

結婚式にはいろいろなマナーがあって、最低限のことを認識しないで出席してしまうとご自身が恥をかくだけではなく、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。お祝いの席でそのような事態を引き起こさないためにも、事前に結婚式の流れや、やってはいけないことくらいは学んでおくことをおすすめします。