夏《6月・7月・8月》の結婚式に最適な服装をご紹介&おすすめドレス

夏《6月・7月・8月》の結婚式・二次会のお呼ばれには、マナーはしっかりと守りつつ、季節感を意識した涼しげなドレス&コーディネートが理想的。

この記事では、夏におすすめの【涼しげ素材のパーティドレス】や【ドレスカラー別のおすすめコーディネート】をご紹介していきます。

さらに夏の結婚式のお呼ばれで意識したい服装のマナーや、「こんな服装はマナー違反になるかも」というNGアイテムも解説していきますので、夏の結婚式・二次会の服装選びに迷った際は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

《夏の結婚式・二次会の服装におすすめ》涼しげ素材のパーティドレス

夏の結婚式・二次会には、通気性が良く見た目にも涼しげな軽やか素材のパーティードレスがおすすめです。 代表的な素材は、レース、シフォン、チュールなど。ここでは、それぞれの素材別に夏におすすめのパーティードレスをご紹介してきます。

トレンド継続中!レース素材のパーティードレス

トレンド継続中のレースドレス。デコルテや袖などの部分使いデザインから、総レースドレスまで、そのデザインも年々豊富に。眺めているだけでも楽しい、華やかなレース素材のパーティードレスをご紹介します。

kaene ドレス AIMER ドレス
黒の糸で織り込まれた花模様と爽やかな水色のカラーは、幼すぎず落ち着き感のある雰囲気にしてくれる。 シアー感のあるレースの上に、深みのある立体的なレースが重なるピンクのドレス。

AIMER ドレス REPLETE ドレス
ギャザーが入ったフリルスリーブのイエローカラーのドレスは夏の式にピッタリ。 レースを贅沢に使ったミントグリーンのドレスはガーデンウェディングの場におすすめ。

程よい透け感と柔らかな着心地◎シフォン素材のパーティードレス

程よい透け感が上品で、年代問わず着こなしやすいシフォン素材のパーティードレス。

長時間の着用でもシワになりにくく、柔らかな着心地もポイントです。ここでは、軽やかで優しげな雰囲気が魅力的なシフォン素材のパーティードレスをご紹介します。

REPLETE ドレス REPLETE ドレス
シフォンのトップスとレースのスカートを重ねたツーピース風デザインのネイビードレス。 シフォン素材の揺れ感が女性らしく、首元やウエストのフリルがクラシカルで可愛らしい。

REPLETE ドレス PREFERENCEドレス
シフォンとレースが爽やかな水色のドレスは上品に着こなしたい方におすすめ。 短めのトップスで脚長効果、シフォン素材のスカートが軽やかな万能ドレス。

エアリーな質感が夏らしいチュール素材のパーティードレス

チュール素材とは、「亀甲紗(きっこうしゃ)」などとも呼ばれる、六角形やひし形の細かい網目状の生地のことを指します。

そんなチュール素材は、エアリーな質感が夏にぴったり。重たくなりがちなダークカラーも軽やかに見せてくれます。ここでは、大人っぽくエレガントに着こなせるチュール素材のパーティードレスをご紹介します。

Select Shop ドレス je-super ドレス
柔らかなベージュの裏地に光沢のある刺繍入りのチュールを重ねた一着は、存在感のある華やかな雰囲気に。 ストライプ柄の入ったチュールは、縦のラインを強調して着痩せ効果も◎。

REPLETE ドレス Select Shop ドレス
清楚な花柄とチュールが重なったネイビーカラーのドレスは上品で可愛いドレスが着たい方におすすめ。 ハリのあるチュール地に花柄の刺繍が散りばめられたグレージュカラーのドレスは可愛さと上品なスタイリングがしたい方に。

夏の結婚式の服装選びNGポイント

夏の結婚式の服装には、素材もカラーも爽やかで好印象なものを選びましょう。
一方で、中には「これはNG!」という服装もありますので、これからご紹介する内容を参考にしてくださいね。

暑い季節だからこそ汗ジミの目立つ服装は避けて

夏の結婚式で注意したいのが、汗ジミ。
写真を撮影する機会も多いからこそ、汗ジミが目立ちやすい服装は避けてください。
素材はなるべく汗ジミが目立たないものを選び、汗をかいたときに色が変わりやすい薄いカラーのパーティードレスは特に注意しましょう。

さらに、タイトなシルエットのドレスは身体にぴったりと密着し、汗が付着しやすいのが特徴。
なるべくゆったりとしたデザインのものを選ぶのがおすすめ。

ボレロやストールなど、汗ジミを隠すためのアイテムを用意しておくのも大切です。

夏でもお肌を露出しすぎないよう注意

夏は暑さ対策のため、そして夏ならではのファッションを楽しむために肌見せをしたくなるかもしれません。
しかし結婚式はあくまでフォーマルなシーンですから、過度な露出はマナー違反となります。
短すぎるミニ丈、肩や胸元、背中を大胆に露出したデザインの服装などは不適切なので、こちらもボレロやストールなど露出を抑えられるアイテムを用意してコーディネートしましょう。

夏の服装でも裸足はマナー違反

夏の服装と言えば、裸足にサンダルといったラフな足元をイメージするのではないでしょうか。
しかしフォーマルな場では、裸足はマナー違反となります。
必ずお肌の色に合う、薄手のストッキングを着用した上でパンプスをはきましょう。

また、靴についてもつま先やかかとが出てしまうデザインは不適切です。
オープントゥパンプスやサンダル、ミュールは、夏場でもマナー違反となりますので注意しましょう。

夏の結婚式にあると便利なアイテム

夏の結婚式では、やはり暑さや汗が気になってしまうのではないでしょうか。
そこで結婚式に持ち込むのをおすすめするアイテムをご紹介していきます。

ストールやボレロ

先ほどもご紹介したように、ストールやボレロは汗ジミ対策、そして露出対策につながるアイテムです。
さらに、外は暑くとも結婚式会場は冷房がしっかりきいている、と言うケースも珍しくありません。
身体が冷えてしまうのを避けるためにも、こうした羽織り物をかならず用意しておきましょう。

ハンカチやハンドタオル

夏の結婚式では、挙式の最中にも汗をかいてしまう可能性があることから、フォーマル用のハンカチを用意しておきましょう。
しかしフォーマル用ハンカチは、あまり吸水性に優れていない場合もあります。
心配な方は汗をきちんと吸い込んでくれるハンドタオルを用意しておくとよいでしょう。

ただし、大きなサイズ感のタオルを持ち歩くのはNG。
あくまでもコンパクトなものを使い、汗を拭くときにもできるだけ人目を避けてさりげなく拭いましょう。

制汗アイテム

制汗スプレーや制汗シートといったアイテムは、汗を効果的に抑えられます。
夏は結婚式に必須の持ち物として、きちんと用意しておきましょう。
ただし、これらのアイテムをパーティーバッグに入れるのは難しいので、サブバッグを持っていくようにしてください。

挙式がはじまる前にさっと使って、サブバッグはクロークへ預けておきましょう。
結婚式会場で使いたくなったときには、スタッフへ声をかけてサブバッグをクロークから取り出してもらってください。

メイクポーチ

夏の結婚式では自宅でばっちりメイクをしても、会場に着く頃には暑さや汗でせっかくのメイクが崩れてしまっている……という可能性もあります。
あらかじめ、メイクの段階でなるべく化粧くずれしにくいように対策しておくとよいでしょう。

あわせて、会場に着いてから崩れたメイクをお直しするためメイクポーチを持参することをおすすめします。
天気や気温によってはかなりしっかりとお直しが必要になる可能性もありますから、荷物はかさばりますが道具一式を持っていくとよいでしょう。

こちらも制汗アイテムと同様に、パーティーバッグにすべて入れようとするのではなくサブバッグをうまく活用しましょう。

【ドレスカラー別】夏の結婚式・二次会の服装コーディネートポイント

パーティードレスに合わせる小物類と言えば、羽織(ボレロ・ショール)、バッグ、シューズ、アクセサリーなど。そのアイテム数は意外と多く、コーディネートに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

同じドレスでも、小物の合わせ方次第でその印象は大きく変わってきます。ここでは夏の結婚式・二次会向け【ドレスカラー別】コーデのポイントをご紹介してきます。

清涼感たっぷり【ブルー系】パーティドレスコーデのポイント

清涼感たっぷり、暑い季節にぴったりのブルー系パーティードレス。海辺の式場やリゾート婚にも良く映えます。

大人っぽくシャープなイメージで着こなしたい方は濃いめのブルー、可愛らしく爽やかに着こなしたい方は淡いブルーのドレスがおすすめです。またブルーグレーなど、くすみ系カラーを選べばトレンド感UP。

夏に濃いめのブルーやくすみ系ブルーのドレスを選ぶ場合は、シルバーの小物類を合わせた涼しげなスタイルがおすすめ。また、ライトベージュを合わせると女性らしく柔らかな雰囲気にまとまります。羽織を合わせる場合は、コーデ全体が重たくならないように透け感のあるストールを合わせて。シルバーの他、淡いゴールドも◎

ペールブルーなどの淡めカラーにはネイビー小物が好相性。コーデ全体が引き締まり、清潔感のある知的な印象に。男女問わず高感度の高いスタイルです。大人っぽさをプラスしたい場合は、黒のクラッチバックや、スクエアトゥ、ポインテッドトゥパンプスなど、シャープなデザインの小物類を合わせて。

髪型は、編みおろし(3つ編みや編み込みをバックスタイルで作る)やローポニー(低めのポニーテール)を合わせるとこなれた印象に。

kaene ドレス REPLETE ドレス
袖のギャザーや顔映りの良いカラー、花模様のレース素材など女性らしさの詰まった一着。 藍色のような色味の下地にグリーンがかったブルーのレースが重なり、気品があり落ち着いた印象に。

Select Shop ドレス AIMER ドレス
総レース生地と透明感のあるブルーグレーカラーのドレスは清楚で女性らしい印象に。 甘くなりがちなレースのケープもマーメイドライン&ブルーカラーでフェミニンな印象に。

トレンド感UP!【パープル系】ドレスコーデのポイント

トレンドのパープルは、色味によっても大きく印象が異なるカラーです。夏にパープルのドレスを選ぶ場合は、爽やかさのあるラベンダー系の色味がおすすめ。柔らかく女性らしい雰囲気に仕上げてくれます。ブルーベース肌の方は青みの強いカラー、イエローベース肌の方はピンクよりのラベンダーカラーを選んで。

ノースリーブドレスに合わせる羽織は、シルバーストールや薄手の黒のボレロが好バランス。袖ありドレスは羽織なしでさらりと着こなすのがベストです。

バッグや靴はシルバーでまとめるとより爽やかで夏らしい雰囲気に。きちんと感を重視したいシーンでは、黒の小物類でまとめたスタイルがおすすめ。また、青みの強いパープルには、ネイビーの小物類も好相性。黒よりも重たくならず清楚な印象に。

髪型は、ゆるくまとめたシニヨンやハーフアップがおすすめです。トレンド感を演出しながら、女性らしく華やかな雰囲気に仕上がりますよ。

kaene ドレス Select Shop ドレス
黒の糸で織り込まれた花模様とピンクにも見える淡いパープルのカラーが、女性らしさを最大限に引き出してくれる一着。 袖のシャーリングで肩がふんわりと広がり、刺繍に合わせたスカート裾のスカラップが可愛らしい。

AIMER ドレス je-super ドレス
フリルスリーブと総レースがフェミニンなパープルカラーのドレスは大人可愛いらしさを演出できる。 袖のあるラベンダー色のドレスは1着でフォーマルな印象になるので、結婚式にピッタリ。

フレッシュな華やかさ【イエロー系】ドレスコーデのポイント

夏の日差しに良く映えるフレッシュな華やかさのイエロードレス。ビビットイエローは着ているだけで元気な印象に、淡いトーンのイエローは初々しく涼しげな印象に。ベージュに近い色味のイエローは肌馴染みが良く、幅広い年齢の方におすすめです。

ビビッドイエローにはシルバー、ゴールド、ライトベージュの小物類が好相性。夏らしい爽やかさもたっぷり感じられます。

白味の強い淡いイエローやレモンイエローには、黒やネイビーといった落ち着いた色味の小物を合わせるとコーデ全体が引き締まります。

また、シンプルなデザインのドレスやナイトパーティーには、コーデのポイントに爽やかなグリーンのアイテムやビジュー付きバッグを合わせても◎透明感と華やかさがUPします。髪型はお団子など、アップヘアですっきりまとめるとより涼しげで快活な印象に。

REPLETE ドレス AIMER ドレス
落ち着き感のある濃いイエローは、幼くなりすぎず大人っぽい雰囲気で着れる。 高級感のある生地と可愛らしいフィット&フレアのシルエットは、王道のドレスが着たい20代の方におすすめ。

AIMER ドレス AIMER ドレス
爽やかなイエローカラーのこのドレスは、ハイウエスト切り替えがスタイルアップ効果◎ マスタードイエローの落ち着いた色はベージュ系の小物を合わせて爽やかに。

おしゃれ度ナンバーワン【グリーン系】ドレスコーデのポイント

媚びない華やかさでおしゃれ度ナンバーワンのグリーン系ドレス。トレンドのくすみ系カラーを選べばおしゃれ上級者の雰囲気に。爽やかで夏の季節とも相性抜群のカラーです。緑溢れる人気のナチュラル系ウェディングにも良く映えるでしょう。

ライトグリーンや黄味よりのグリーンには、ベージュ、ゴールド系の小物類が好相性。清涼感もあり、フェミニンで優しげな印象のコーディネートに。

モーブグリーンなどのくすみ系カラーには、シルバーやライトグレーを合わせたクールでスタイリッシュなスタイルがおすすめです。クラッチバッグやポインテッドトゥなど、シャープなデザインのアイテムを選んで。

髪型は、編みおろしやローポニーなど、力の入りすぎていなラフなスタイルを合わせれば、よりこなれ感UP。

REPLETE ドレス AIMER ドレス
ねじりのあるデザインのウエスト部分は太めでメリハリのあるシルエットにしてくれる。 シアー感のあるレースの上に、深みのある立体的なレースが重なりドレスを引き立てるグリーンのドレス。

AIMER ドレス kaene ドレス
夏らしいライトグリーンのドレスはフォーマルな式でも一枚で爽やかに着られるドレス。 繊細なレースが上品なミントカラーのドレスは花模様が女性らしい。

上品で大人っぽい【シルバー・グレー系】ドレスコーデのポイント

華やかさときちんと感を併せ持つシルバー・グレー系ドレス。年齢問わず挑戦しやすく、ご親族様の式にも着用可能。爽やかさもあり夏の結婚式にぴったりのカラーです。

青みの強いシルバー、グレー系カラーは、色白さんやブルーベース肌の方に、グレージュなど黄色みの強いカラーは、イエローベース肌の方におすすめです。

白味の強いライトシルバーには、ネイビーやブラック小物を合わせるときちんと感のあるコーディネートに。特にネイビーは重たくなりすぎないので夏にぴったり。ダークグレーには、シルバー小物を合わせ同系色で統一すると涼しげで綺麗にまとまります。ラメ入りストールやビジュー付き小物を合わせると、よりパーティーらしく華やかなスタイルに。

また、差し色を入れたい時は、淡めのピンク、ブルー、グリーンなどを選べばシルバー・グレーとのバランスも◎。

ヘアスタイルは、あまりボリュームを出さず、上品にまとめたスタイルがおすすめ。シャープな印象のシルバー、グレーとマッチします。

kaene ドレス Select Shop ドレス
落ち着いたグレーは、控えめな上品さがあり、クールやスタイリッシュといったエレガントな印象もプラスしてくれる。 ドレス全体にチュール刺繍生地をたっぷりとほどこしたシルバーのドレス。

Select Shop ドレス je-super ドレス
清楚なシルエットのグレージュドレスは可憐で上品なドレスが着たい方におすすめ。 グレーとブルーを合わせたセットアップドレスは夏の爽やかなイメージにぴったりなドレス。

夏でも着たい【ネイビー・ブラック系】ドレスコーデのポイント

季節を問わずフォーマルシーンの定番カラー、ネイビー・ブラック系ドレス。夏に着る際は透け感のあるレースやチュール素材のドレスを選べば、重たくならず涼しげな印象をキープできます。

また、小物類はライトカラーを選び華やかさをプラスして。特にネイビーにはシルバー系、ブラックにはゴールド、ライトベージュを合わせたスタイルがおすすめです。シンプルなドレスには、パールやビジューをあしらった大きめアクセやバッグをコーデのポイントに。羽織を合わせる場合は、透け感のあるラメストールなどで軽さを意識して。

髪型はすっきりしたアップヘアが好相性。黒髪の方や前髪が長い方は、おでこを出したヘアスタイルもおすすめ。表情まで明るく見せてくれます。

Select Shop ドレス GRACECONTINENTAL ドレス
ベージュのサテン地に刺繍入りのチュールが重なり、黒でも重くなり過ぎず明るく軽やかな雰囲気で着られる。 袖・ひざ・襟元は露出度を控えているので、かしこまったシーンでも安心。

REPLETE ドレス REPLETE ドレス
繊細なレースをまとったネイビーカラーのドレスは清楚で落ち着いたドレスが着たい方に。 花柄のレースが入ったネイビーのドレスは上品に、そして可愛らしく着たい方におすすめのドレス。

いかがでしょうか?

夏の結婚式・二次会では「暑さが厳しい真夏はタイトなシルエットは避ける」「季節の変わり目の寒暖差対策、冷房対策に羽織物を持参する」「汗の目立ちやすい素材、カラーは避ける」などの工夫もポイント。

そのためにはあらかじめサブバッグを用意し、必要なアイテムをきちんと準備しておきましょう。

見た目はもちろん、より快適に過ごせるためのドレス&コーデを意識してみてくださいね。