「お宮参りでのママの服装は?おすすめのレンタルワンピースやフォーマルドレスをご紹介」

お宮参りでのママの服装は?おすすめのレンタルワンピースやフォーマルドレスをご紹介

お子様が誕生して、一番初めの行事はお子さんの健やかな成長を祝う「お宮参り」です。

「お宮参り」では家族揃って記念写真を撮影することも多いため、きちんとした服装を選びたいですよね。

初めての「お宮参り」はどんな服装をすれば良いのか迷ってしまうママも多いかもしれません。

そこで今回は、お宮参りに行くママの服装マナーを解説します。

おすすめのレンタルスーツワンピースもご紹介いたしますので、ぜひ最後まで参考にしていただけたら幸いです。

そもそもお宮参りとはどんな行事?

「お宮参り」とは、安産であったことを産土神(うぶすながみ)に感謝して、赤ちゃんの健やかな成長を願う行事です。

赤ちゃんが生誕1ヶ月を迎えたことを感謝するとともに、神様からの授かりものである赤ちゃんを大切に育てると誓う意味合いもあります。

神道では、産土神は「赤ちゃんが生まれた土地の守護神」と言われ、生まれる前から死後まで守護してくれるとされている神様です。

「お宮参り」は「初宮参り(はつみやまいり)」とも呼ばれ、正式には男の子の場合は生後31日目、女の子の場合は生後32日目に行われます。

現在では、赤ちゃん生後1ヶ月を目安に大安・友引などの縁起が良い日に選んで行うのが一般的です。

かつては父方の祖母が付き添って神社にお参りする風習がありましたが、最近では夫婦のみで行う家庭も増えています。

「お宮参り」は赤ちゃんが誕生してから家族全員が参加する初めての行事となり、人生においても大切な一日ですので、家族でよく話し合って決めましょう。

神社の階段

お宮参りに行くママの服装マナー

ここからは、「お宮参り」に参加するママの服装マナーを見ていきましょう。

「お宮参り」の服装マナーとして覚えておきたいのは、あくまで主役は赤ちゃんであるということです。

まずは、ママ・パパの服装を決める前に、赤ちゃんの可愛さが引き立つ服装をよく検討しましょう。

お宮参りの服装はカジュアルでもいいの?

赤ちゃんの可愛さが引き立つ服、似合う服というと普段着用しているロンパースやカジュアルなスタイルが思い付くかもしれません。

しかし「お宮参り」は、神聖な場所で行われる由緒正しい行事であることから、正装が好ましいです。

赤ちゃんにもカジュアルな普段着ではなく、和装や洋装を着用させましょう。

もちろん赤ちゃんだけではなくママやパパ、祖父母や親族も参加予定ならそれらの方々も、フォーマルな服装を選んでください。

またお宮参りでは、子どもの服装に合わせて両親の服装も合わせることがマナーです。

赤ちゃんに洋装を選んだ場合はパパとママも洋装を選び、赤ちゃんに和装を選んだ場合は、パパとママも和装を選びます。

従来は和服を着る方が多かったのですが、最近では洋装でお宮参りをする方が増えています。

ママの洋装にはスーツやワンピースなど、フォーマルでありながら動きやすいコーディネートが人気です。

「お宮参り」を行う産後1ヶ月頃は、ママの体調は回復期にあたり、動きやすい時期ですが、個人差もあります。

中には歩くだけでも大変なママもいらっしゃると思いますので、無理のない格好をすることが大切です。

ママが着用する「和装」とは?

和装とは着物や和服のことです。

女性のもっともフォーマルな和装、すなわち正礼装は「黒留袖(くろとめそで)」と呼ばれる着物です。

しかし「お宮参り」では必ず正礼装でなければならないわけではありませんから、訪問着や色留袖と呼ばれる着物でも問題ないでしょう。

また、寒さが気になる季節であれば、袷(あわせ)と呼ばれる着物を活用して防寒対策をしましょう。

ママが着用する「洋装」とは?

「お宮参り」における洋装とは、ワンピースやフォーマルドレスです。

洋装は和装に比べて身近で着用しやすく、すぐには着物の準備が難しい場合にも比較的手軽に用意できます。

また、産後まもなくのタイミングのため身体ををしめつけることに抵抗があるママも多いと思いますが、洋装ならゆったりしたシルエットのものを選びやすくなります。

足元も履き慣れたパンプスを合わせられるので、転倒の心配も起きにくくなります。

寒さが気になる季節には、カーディガンやストール、ジャケット、コートなどを用意して対策しましょう。

夫婦の服装は赤ちゃんと格を合わせる

「お宮参り」における夫婦の服装マナーとして「赤ちゃんと格を揃える」、もしくは「赤ちゃんより格下にする」ことを意識しましょう。

先程も述べたように「お宮参り」は赤ちゃんが主役の行事です。

そのため夫婦の服装が赤ちゃんの服装よりも格上になってしまうと、そうした意図がなくとも「夫婦が主役を奪っている」という形になってしまい、マナー違反にあたります。

そのため家族全員の雰囲気が揃うように、両親や祖父母は格を揃える、もしくは赤ちゃんよりも格を下げて服装を用意しましょう。

さらに、夫婦間でも見た目がチグハグにならないように、格を揃えることも必ず意識してください。

赤ちゃんの服装別・格をあわせた服装例

ママの服装は基本的に「着物」「ワンピース」「スーツ」の3種類から選ぶことになります。

ただし、お宮参りのしきたりは地方・地域によって変わりますので、当日の服装に関しては事前に話し合って決めるとよいでしょう。

赤ちゃんが正装(白羽二重+祝い着)の場合

赤ちゃんと同格にしたいのなら、黒留袖や訪問着、または色留袖

お宮参りにおける赤ちゃんの正装は、白羽二重と呼ばれる絹生地の着物に、祝い着と呼ばれるめでたい席で着用する着物をあわせた格好となります。

代々受け継がれている赤ちゃんの祝い着が残っている家庭もあるので、事前に両家で確認しておきましょう。

非常に格式高いスタイルとなりますので、格をそろえるのならママは訪問着や色留袖といった和装に身を包みましょう。

日常的に着用するものではなく大事な行事で身につける着物ですから、気持ちも引き締まるでしょう。

一方、着慣れない和装は体調に変化をもたらす場合がありますので産後まもないママは体調とも相談しながら着用しましょう。

男性は、ほとんどの場合スーツを着用します。

しかし、赤ちゃんもママも正装の場合で、かつ「せっかくだから和装に身を包みたい」

赤ちゃんが正装(白羽二重+祝い着)の場合

赤ちゃんよりも格下にしたいのなら、スーツもしくはワンピース

赤ちゃんの正装に対して、両親が正装でない場合、両親のほうが格下になります。

洋装としてご紹介したワンピースやスーツを着用しましょう。

赤ちゃんの服装が華やかな分、カジュアルすぎるとちぐはぐな印象になるためセレモニードレスなど華やかな洋装を選ぶとよいでしょう。

赤ちゃんが洋装(ベビードレス・セレモニードレス)の場合

赤ちゃんと同格にしたいのなら、スーツもしくはワンピース

この場合は「赤ちゃんが和装で両親が格下」のケースが参考になります。

比較的フォーマルな洋装を身につけましょう。

赤ちゃんが洋装(ベビードレス・セレモニードレス)の場合

赤ちゃんより格下にしたいのなら、ワンピース

格下にするときには、ワンピースのようにカジュアルな服装を選びましょう。

だからといってカジュアルすぎる普段着は不向きですので注意してください。

また祖父母も参加する場合は、お互いに服装の格を合わせることが大切です。

祖父母の服装の選び方

祖父母の服装も、基本的には両親の服装と同様です。

祖父は礼服やスーツ、祖母は和装ならば色留袖や訪問着、洋装ならばスーツ・ワンピースを着用します。

一方で、遠方から駆けつけるケースや体調に不安があるケースでは、負担にならないよう調整を心がけてください。

また、両家の祖父母を呼ぶ場合にはどちらかが格上・格下にならないためにも事前に服装について打ち合わせをしておくことをおすすめします。

祖母の服装に悩んだときには、華やかなドレスの中から比較的シックなデザインを選ぶとよいでしょう。

PREFERENCE ドレス PREFERENCE ドレス
ネイビーとグレーの花柄が印象的なこちらのドレスは、ほどよいフォーマル感でさらりと着ることができます。 黒のレースに映える立体的な花柄の装飾が、シンプルなシルエットのドレスをエレガントに見せてくれます。

お宮参りに行くママの服装選びのポイント

多くのママは「記念撮影があるから、着物にしようかな?ワンピースにしようかな?それもスーツ?」とお悩みかもしれません。

悩んでしまったときには、赤ちゃんの装いを決めてから改めてママの服装を決めていきましょう。

その際には、次のようなポイントを意識することも大切です。

ママと赤ちゃんの体調を第一優先に

「お宮参り」は産後間もない時期に行いますので、ママと赤ちゃんの体調を考慮して服装を選ぶことが大切です。

産後一ヶ月の頃は、まだママの身体は万全ではありませんので、着物の場合は腰回りが締め付けられて体調を崩してしまう方もいらっしゃいます。

せっかくの機会に着物を着て素敵な写真を残したいというママもいるかと思います。

しかし、無理は禁物ですから、少しでも産後の体に負担をかけないことを優先させましょう。

せっかくの「お宮参り」に体調が悪くなって行事を中断してしまうリスクもあるので注意が必要です。

近年では、日常的に洋服を身につける習慣が根付き楽に感じられることから和装を選ぶケースが少なく、洋装を選ぶ方が増えています。

特にママの服装は、フォーマルなワンピースを選べば授乳しやすく、動きやすいので人気です。

ワンピースはお腹周りなど締め付けが少ないゆったりとしたデザインも多いので、産後の身体への負担も比較的抑えられるでしょう。

ママの服装はゆったりサイズを選ぶ

近年のお宮参りのママの服装はスーツまたはワンピース着用が一般的です。

産後は体型が変わりやすい時期にありますので、妊娠前に着用していたスーツ・ワンピースでは服のサイズが小さく感じることも多いです。

お手持ちのスーツ・ワンピースを着用する場合は、実際に着用して、締め付け具合を確認しておくことが大切です。

お腹周りや腰回りがキツく感じたら、ゆったりサイズのスーツ・ワンピースを用意することをおすすめします。

授乳中はゆったりサイズのマタニティ・授乳服のワンピースが役立ちます。

ただし、「お宮参り」は正装で臨むのがマナーですからカジュアル過ぎるワンピースはNGです。

授乳口があるデザインのワンピースが便利

「お宮参り」は神社へのお参り、そして家族揃って写真撮影、食事会という流れとなっており、長時間になることも。

移動時間も含めるとかなり時間がかかり、体力の消費も大きいのでそのあいだの授乳問題についても考えておかなければいけません。

新生児~1ヵ月の赤ちゃんの授乳は、平均3時間おきに行い、お宮参りの間も授乳しなければなりません。

また、おむつ替えをするタイミングもあり、外出中に赤ちゃんのお世話をしやすい服装が適しています。

最近は、授乳口がついたデザインのワンピースやスーツも増えています。

授乳の度に服を脱がなくても、その場ですぐに授乳ができるので慌てることなく安心ですね。

長時間肌をカバーできるので、ママは冷気からの冷えも対策することができます。

授乳口がついたデザインのワンピースはお腹周りも締め付け感がなく、長時間着ていても疲れずにゆったりとデザインが楽ちんなポイント

一見、授乳服とは分からないフォーマルなおしゃれなワンピースも増えており、お宮参りや結婚式に便利ですね。

授乳育児中の方は、授乳口付きワンピースを一枚用意しておくと重宝するでしょう。

She's ドレス She's ドレス
ふんわりと広がるAラインのシルエットは、締め付け感がなく楽な着心地で妊娠後期まで。 左右に授乳口の付いたネイビーワンピースのママ向けセレモニースーツ。

お宮参りにおすすめの女性のスーツ・ワンピース

「お宮参り」は主役の赤ちゃんだけでなく、ママにとっても大切な行事です。

ママの体調や安全性を優先すると断然「スーツ」「ワンピース」が着やすいですね。

お宮参りに行くママの服装はレンタルでOK!

お宮参りはきちんとした服装で行きたいけれど、この日のために買いに行くのは、大変ですよね。

赤ちゃんの晴れ舞台である「お宮参り」でおしゃれをしたいけど、わざわざ購入するのはもったいないかな…とお困りの方にはレンタルがおすすめ。

「ワンピの魔法」は10年以上の運営歴があるネットレンタルドレスの老舗です。

フォーマルスーツやフォーマルなワンピースが豊富に揃っていて、お宮参りに最適な服装もあります。

ドレスのサイズ選びや着丈にお悩みの方は、商品のレビュー、スタッフの着用コメントを見ると参考になりますよ。

素敵なコーディネートも詳しく載っているので、お宮参りの服装マナーに不安のある方も安心ですね。

結婚式、入園式など、さまざまな行事に着用できるスーツやドレスが豊富にあるので、レンタルならば色んなコーディネートを楽しめるのが良いですね。

何か困ったことがあったら専属のスタッフに相談することができるので、初めてレンタルする方もおすすめです。

それでは、「ワンピの魔法」からお宮参りにおすすめのスーツ・ワンピースをご紹介しましょう。

respiration セレモニースーツセット blancetblanche セレモニースーツセット
お腹周りにゆとりがあるので授乳中のママ、マタニティ中期頃までの方におすすめ。 ゆったりとした着心地の授乳口付きのワンピースは体のラインも出にくくマタニティの方に最適です。

23区 セレモニースーツセット blancetblanche セレモニースーツセット
ワンピースは落ちついた色味だが程よいつや感がありAラインのシルエットが可愛いらしく20代?30代のママに。 ワンピースの胸元に大きく開く授乳口があるので、授乳中のママにも。

whitejoola セレモニースーツセット ANAYI セレモニースーツ
ライトベージュと七分袖のワンピースのセレモニースーツ。 柔らかい生地感が、プリーツの広がりを抑えてすっきりとしたシルエットに。

NATURAL BEAUTY セレモニースーツ NATURAL BEAUTY セレモニースーツ
ピンク系の色味と甘めのデザインのジャケットが可愛らしい。 ライトベージュのジャケットとふんわりとした袖のワンピース。

お宮参りに行くママの靴は?

お宮参りに行く服装が決まったら、靴の選び方にもポイントがありますので見ていきましょう。

まず、体調が万全ではない産後の時期は、安全性を重視して高いヒールの靴は避けてください

お宮参り当日は、ママは赤ちゃんを抱っこしながら移動して歩くことになります。

神社は砂利道や石畳が多く、階段があるところもありますので、長時間履いていても疲れない靴を選びましょう。

足が疲れてバランスを崩すと危ないので、安全を考慮して高いヒールは避けましょう。

安定感のある3センチ程度の太めのローヒールを選ぶと転倒しにくく安心ですね。

新品の靴は靴ずれしてしまうこともあるので、いつも履きなれている靴を履くと良いです。

ワンピースに合わせる靴は、安定感のあるローヒールのパンプスを選ぶのが基本です。

お宮参りのあとはそのまま食事会へ向かうことも多いため、着脱のしやすさも意識しながら選ぶと良いでしょう。

また、ワンピースやドレスといった洋装を着るときには、ストッキングを穿くのがマナーです。

足元が見えないからといって、素足で参加することのないよう注意しましょう。

お宮参りにはNGな服装マナーは?

「お宮参り」は神聖な場所で執り行われる伝統的な行事です。

服装マナーには決まりはありませんが、ふさわしくないとされている服装もあります。

例えば、デニムやスウェット、Tシャツ、キャミソールなど、普段着はカジュアル過ぎるので避けてください

露出の高いミニスカートや膝上のスカート、派手な色、ハーフパンツも正装にはふさわしくないので避けましょう。

足元はサンダルやブーツはNG、ヒールは低めのパンプスを合わせるのが基本です。

新しくスーツやワンピースを購入する余裕がない場合は、きれいめのブラウスにひざ丈スカートなど、落ち着いたコーディネートで出かけましょう。

アクセサリー選びの注意点

スーツやワンピースにブローチやコサージュを付けるだけでコーディネートが華やかになります。

しかし、お宮参りでは赤ちゃんの顔に当たってしまうブローチやコサージュは外しておきましょう

赤ちゃんを抱っこした時に赤ちゃんの肌を傷付けてしまうリスクがあるので危ないです。

お宮参りにアクセサリーを身に着ける場合は角がない丸いパールのネックレスがおすすめです。

白パールとストーンのネックレス 白パールのスタンダードネックレス
白い淡水パールの間に、スパンコールの粒がキラキラと輝く、ショート丈ネックレス。 高品質な貝パールは、上品な光沢感があり、20代~50代と幅広い年代に。

貝パールは上品な光沢感があり、20代~50代と幅広い年代のコーディネートにぴったりです。

まとめ

お宮参りは主役の赤ちゃんとママにとっても素敵な1日になるように、おしゃれも楽しみたいですね。

ママの衣装選びは、赤ちゃんの服装よりも格下・もしくは同格にすれば問題ありません。

洋装の場合には、ゆったりとしたシルエットのスーツまたはワンピースを選びましょう。