イブニングドレスとは?結婚式・パーティーに最適な服装・コーディネート

結婚式・披露宴、二次会で「イブニングドレス」をドレスコード指定された場合、どんな服装にすれば良いでしょうか?

イブニングドレスは場所の格式や雰囲気、目的に合わせて、服装マナーを守ってを選びましょう。

今回は、イブニングドレスの定義とシチュエーション別のおすすめコーディネートをご紹介します。

ぜひ、イブニングドレス選びの参考にしてみてください。

昼と夜との結婚式お呼ばれドレスの違い

基本的にイブニングドレスは「イブニング(夕方から夜)」の時間帯に着用するドレスです。

昼間の結婚式お呼ばれドレスは基本的にはイブニングドレスは着用せず、カクテルドレス・アフタヌーンドレスです。

昼間の場合は、肌の露出を抑えて、ノースリーブの場合はボレロ・ショール・ジャケットなどの羽織物が必須条件です。

一方で、夕方から夜にかけて行われる結婚式でもカクテルドレスやアフタヌーンドレスでも問題はありません

ただその場合、昼の結婚式お呼ばれドレスとは異なり、無地のドレスや暗い色のドレスだと、会場の暗さで地味に見えてしまう可能性があるので、サテン生地などの光沢のあるものを選んだり、羽織やバッグ、アクセサリーは華やかなものを選ぶようにしましょう。

イブニングドレス(正礼装)とは

イブニングドレス(evening dress)とは、その名の通りに夕方から夜のイブニングに着用される正式の礼服です。

スカートの裾は床に付くほどロング丈、そしてドレスの生地はサテンやベルベットなどの高級素材が多いです。

イブニングドレスを着用する機会は晩餐会(ばんさんかい)、観劇、舞踏会などがあり、夜会服として着用されます。

通常、私達が結婚式・披露宴のお呼ばれに選ぶドレスは露出が少なく、華やかさは控えることがマナーとされています。

しかし、イブニングドレスの場合は、夜のドレスアップ用に着用するドレスのため、女性らしい華やかさが重要です。

イブニングドレスは夜会服のため、デザインはゴージャスな雰囲気のものが多いです。

基本的には袖なしで肩が大きく開き、胸元・背中が開いた、肌見せがキレイなドレスになります。

イブニングドレスは、大人の女性が輝いて見えるドレッシーな印象を与えます。

最適なカラー・素材は?

イブニングドレスの色は赤、濃紺、深いパープルといったハッキリとした色合いが多いです。

薄いピンクやブルーなど淡いカラーよりも、深みのある濃い色などメリハリのあるカラーが好まれています。

黒や濃紺のイブニングドレスは、生地にラメが入ったりサテン生地を選べば、地味にならずに上品なイメージになります。

イブニングドレスの素材は、ラメ、サテンなどの光沢のある生地、高級シルク、レース、オーガンジーが人気です。

他にもベルベット、ジョーゼット、シフォンベルベット、モアレ、タフタなどが挙げられます。

会場の照明で輝く光沢感のある生地、透け感のあるシフォンベルベッドなど生地が好まれています。

イブニングドレスのドレスコードには柄物やプリント柄の生地はカジュアルになるので避けましょう

イブニングドレスの服装マナー

イブニングドレスの服装マナーの重要ポイントはアクセサリー使いにあります。

昼間の結婚式・披露宴では、極力肌の露出を抑えてきらびやかなアクセサリーは避けることがマナーです。

上品な白パールや光沢や輝きが少ないアクセサリーを選ぶ必要があります。

しかし、イブニングドレスの場合は、夜の華やかな雰囲気を演出するためにキラびやかなをアクセサリーが求められます。

イブニングドレスには、大きめのビジューや照明でキラキラ輝く宝石を合わせると素敵です。

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドといったゴージャスなジュエリーを合わせてもOK。

ラインストーン、クリスタル、ゴールドといった会場の照明でキラキラと輝くアクセサリーが最適です。

アクセサリーは本物の宝石でなくてもイミテーションジュエリーでも問題ありません。

昼間の結婚式とは異なり、夜の華やかさを演出するゴージャスなジュエリーを選びましょう。

イブニングドレスとカクテルドレスの違い

カクテルドレスは一般的に結婚式・披露宴、パーティーなどで着用するパーティードレスの意味合いで使われます。

カクテルドレスはイブニングドレスよりも簡略化した略礼装となり、スカート丈は膝丈、膝上のデザインもあります。

カクテルドレスがドレスコードの場合は、ノースリーブワンピース、スーツ、アンサンブルも着用可能です。

ただし、昼間の結婚式・披露宴では肩や腕、脚など肌の露出を抑えては織物物が必要となります。

羽織物は必要?

イブニングドレスは袖なしのノースリーブデザインを一枚で着用することが多いです。

上品に肌見せすることが華やかになりますので、ショールやジャケットは必ずしも必要ではありません

腕と胸元や背中が大きく開いたベアトップ・キャミソール・ホルターネックなど、装飾性の高い華やかなデザインを選びましょう。

肌の露出を抑えたい方は長袖で襟が詰まっているイブニングドレスを選ぶと良いです。

ただし、屋外でのパーティーの場合は薄手のストールやケープなどを羽織ると良いでしょう。

靴・バッグ(小物類)の選び方

パーティーバッグも小ぶりでサテンやシルクなど光沢のある素材、ビジューの装飾が付いたデザインがおすすめ。

昼間に開催される結婚式のように、控えめのデザインではなく、華やかさを意識しましょう。

ロング丈のイブニングドレスに合わせる靴は、つま先とかかとが覆われたパンプスを合わせるとフォーマルに。

最近は、フォーマルシーンでもサンダル、ミュール、オープントウの靴も多くなってきましたが、格式の高い会場では避けましょう。

イブニングドレスに合わせる靴は、パンプスの素材はドレスと同色の布製が正式な装いになります。

ヨーロッパで格式高い「舞踏会(オーパンバル)」では、純白のイブニングドレスにオペラ・グローブ、服と共布の夜会靴が義務となっています。

グローブの選び方

イブニングドレスの特徴として、ロングヘアグローブを着用することがマナーです

イブニングドレスがノースリーブの場合は、肘までのロング丈の手袋を付けると正装になります。

半袖や長袖の場合は手袋は必要ありませんので、一枚で着用して問題ありません。

イブニングドレスの袖丈に合わせて、ロンググローブの有無を決めましょう。

ヘアメイクは?

イブニングドレスはゴージャスで華やかなデザインにマッチするヘアメイクを合わせます。

ロングヘアの方はアップやハーフアップ、ショートやミディアムヘアの方は、装飾が華やかなヘアアクセサリーを使います。

普段はあまりメイクをされない方も、夜に着用するイブニングドレスにはメリハリのあるメイクが最適です。

アイラインやリップラインもはっきりしたメイクをすると、ドレス負けせずに華やかな印象になります。

ラメやグリッター入りのキラキラしたアイシャドウやハイライトも取り入れると素敵です。

イブニングドレスのおすすめコーディネート

イブニングドレスがドレスコードのパーティーに出席することになると、衣装選びに時間とお金がかかります。

ゴージャスなイブニングドレスを購入する際は、「一度しか着用しないのにもったいないなぁ」と感じる方も多いでしょう。

そんな時にはオンラインでドレスをレンタルできる「レンタルドレスサービス」がおすすめ。

「ワンピの魔法」は最新の新着モデルから定番のドレスまで、お好みのパーティードレスが見つかります。

イブニングドレスも年代別やカラー、シーンに合わせて選ぶことができるので検索もスムーズ。

お好きなドレスを3泊4日間リーズナブルな価格でレンタルできるのが嬉しいポイントです。

ここからは、「ワンピの魔法」からシチュエーション別におすすめのイブニングドレスをご紹介しましょう。

結婚式・披露宴に最適なイブニングドレス

結婚式・披露宴にイブニングドレスを着用する場合は、適度に肌見せできる華やかなデザインがおすすめです。

昼間の結婚式とは異なり、夕方から夜に開催される結婚式・披露宴はキラびやかな装いが素敵です。

ただ、このようなイブニングドレスはもっともフォーマルな会場や格のある服装となるので、一般的な夕方から夜にかけて行われる結婚式お呼ばれの場合、昼間のカクテルドレスやアフタヌーンドレスでも問題はありません

ただその場合、昼の結婚式のドレスとは異なり、無地のドレスや暗い色のドレスだと、会場の暗さで地味に見えてしまう可能性があります。
サテン生地などの光沢のあるものを選んだり、羽織やバッグ、アクセサリーを華やかなものを選ぶようにしましょう。

je-super ドレス

apres jour ドレス

● ●

ギャザーや細かいプリーツのスカートは腰まわりのラインが目立たずにハイウエスト切替で脚長効果あり。

ウエストラインの華やかなビジューが美しいロングドレスは鮮やかなブルーが上品な印象。

je-super ドレス

REPLETE ドレス

● ●

胸元が上品に透けて、つや感が鮮やかなグリーンのロングドレスは上品な光沢があり、夜の結婚式にも最適です。

正面から見るとシンプルなデザインで、赤色でも派手すぎず暗すぎないので、初めてのカラードレスに挑戦する方にも。

二次会・1.5次会に最適なイブニングドレスとは

結婚式二次会、1.5次会にイブニングドレスを着用する場合も、一般的な夕方から夜にかけて行われる結婚式の場合、カクテルドレスやパーティードレスでOKですので、華やかなデザインや色味のドレスを選択しましょう。

アクセサリーはキラキラ光る大きめのビジューやラインストーンが付いたもの、パーティーバッグも輝きのあるデザインを選びましょう。

REPLETE ドレス

REPLETE ドレス

● ●

赤紫のロングドレスはハイウエスト切替と胸元とサイドに伸びるレースが脚長効果をアップします。

前後でスカート丈が異なり、ネイビーとホワイトの配色が春夏らしい爽やかなドレス。首周りがスッキリ見えるVネックです。

REPLETE コーディネートセット

REPLETE ドレス

● ●

胸元から肩の部分は透け感があり、鮮やかで上品なつや感がキレイな赤のドレスは二次会に華を添えてくれます。

レース地・ハイネック風の首元・長めのスカート丈はクラシカルでトレンド感のあるドレス。

パーティー・ディナーに最適なイブニングドレス

高級ホテルでのディナーやパーティー、ディナーショーでは、会場が華やかなになるイブニングドレスが最適です。

深いレッドやグリーン、ブルーなどのカラードレスを選ぶと、若々しいコーディネートになります。

黒や濃紺などのダーク系カラーは素材選びに注目して同色の刺繍やサテン・シルク生地など光沢のあるドレスがおすすめです。

REPLETE コーディネートセット

She’s ドレス

● ●

Vネックのラインは顔周りをすっきりみせて、同色の花模様が華やかさを添える大人っぽい黒ドレス。

フィットするフレアスカートが夜のパーティーにゴージャスな雰囲気を与えてくれます。ゴールドの刺繍が華やかなフォーマルドレスです。

REPLETE ドレス

REPLETE ドレス

● ●

つや感が美しい鮮やかなロイヤルブルーのロングドレスはアイラインのシルエットでスタイルアップして見えます。

オーガンジーの透け感のある袖のついたブラウンのドレス。ブラウンの中でも柔らかい色合いとクラシカルで可愛らしいデザイン。

まとめ

今回は、イブニングドレスの特徴やおすすめコーディネート、注意点などをご紹介しました。

私達の日常生活の中でイブニングドレスを着用するシーンは決して多くはありません。

しかし、近年は夕方から夜にかけて結婚式や披露宴、パーティーが開催されることも多いです。

イブニングドレスがドレスコードの場合は、昼間の服装マナーとは大きく異なるので注意しましょう。

イブニングドレスは適度な肌見せをして、女性らしく華やかに演出することが求められます。

ぜひ、素敵なイブニングドレスを選んで、素敵な夜会をお楽しみください。