大きめのパーティーバッグが便利!結婚式やフォーマルシーンはレンタルで!

結婚式のようなフォーマルなシーンではさまざまなマナーがあるため、ドレスをはじめとしたコーディネートに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
必需品である「パーティーバッグ」は、マナー面では「小ぶりなものがよい」とされていますが、実際に荷物を入れるとなると比較的大きめのものでなければ……というように、選ぶ際には困ってしまいますよね。
そこで今回は、おすすめの大きめパーティーバッグとバッグにまつわるマナーや基礎知識をご紹介していきます!

フォーマルシーンにおすすめ!大きめのパーティーバッグ

それではさっそく、結婚式のようなフォーマルシーンにおすすめのパーティーバッグをご紹介していきます。

どんなスタイルとも相性◎なカラーの大きめパーティーバッグ

パーティーバッグは、ドレス、ボレロなどの羽織りもの、靴などと組み合わせてコーディネートを完成させる、ポイントになるアイテムです。
だからこそカラーやデザインによっては「合わせ方がわからない」と感じてしまうかもしれません。
そんなときには、ブラックやネイビーなどの落ち着いたカラーのパーティーバッグを用意しましょう。

ブラックやネイビーといったカラーは、ドレスや羽織りもの、靴のカラーがどのようなものであっても、比較的合わせやすいのが魅力です。
ただし、結婚式のようなおめでたいシーンでは地味すぎるデザインは不向きです。
光沢のあるデザインや、ラメが入った素材など華やかなものを選びましょう。
葬儀用と間違えられてしまいそうなシンプルすぎるパーティーバッグには、コサージュを飾るなどの工夫もおすすめですよ。

ネイビーのサテンオーガンジークラッチバッグ 黒のフラワーレースクラッチバッグ
ご祝儀袋や財布、スマートフォンなど一通りのものを収納できるので便利。 花柄のレースが可愛らしいが、色が落ち着いていてすっきりとした形なので甘くなりすぎず、上品で使いやすい。
黒のフェイクレザークラッチバッグ レースの黒クラッチバッグ
モードな印象のドレスや、シックで都会的なドレスに合わせるシャープなバッグをお探しの方に。 黒×レースの上品で落ち着いたデザインは、年齢を問わず使いやすい。
黒のパールとラインストーンのバッグ 黒のリボンモチーフバッグ
定番の黒に、ゆるいVのパールとラインストーンのデザインは上品で大人っぽく、キラキラしているので暗くなりすぎない。 コーディネートのワンポイントになるようなバッグを持ちたい方におすすめ。

優しい印象になるカラーの大きめパーティーバッグ

存在感が引き立ちやすい大きめのパーティーバッグですが、カラーや素材感にこだわれば優しい印象に変わります。
例えばベージュやオフホワイトといった柔らかい雰囲気のカラーであれば、重いカラーに比べて軽やかな印象となるでしょう。
優しく、女性らしい好印象につなげられます。
またブラウンなどのカラーも、暗すぎないカラーであれば優しい雰囲気でコーディネートにマッチしますよ。

さらにゴールドなどの華やかな色味も、コーディネートを重くせずエレガントに見せてくれる万能カラー。
ドレスのカラーを選ばず、上品な雰囲気に見せてくれるでしょう。

ブラウンのメタルハンドルスクエアバッグ ゴールドラメのクラッチバッグ
凹凸のあるフェイクレザーを使ったブラウンのクラッチバッグ。 サイドを織り込んだデザインとラメとサテンのコンビ地がシャープなゴールドのバッグ。
ベージュのストーンボタンバッグ オフホワイトのラメ入りクラッチバッグ
中央のストーンがワンポイントになった、プリーツ生地のベージュのバッグ。 光の加減によって、ベージュやシルバーのような色味が感じられ、どのような色のドレスにも合わせやすい。
ベージュのレター型クラッチバッグ ベージュのプリーツバッグ
かっちりとした形が大人っぽく、柔らかい色味で品のある雰囲気にしてくれる。 バッグにマチがあって収納力あり。シンプルなドレスをエレガントな印象にしてくれる。

シンプルかつアクセントになる大きめパーティーバッグ

一般的に、結婚式では花嫁のカラーである「ホワイト」をゲストが身につけるのはマナー違反とされています。
しかし、ホワイトは色んなコーディネートにあわせやすいカラーですから、なるべくそれに近い色を上手に使いたい……と思うこともあるのではないでしょうか。
そんなときにおすすめなのが、グレーやシルバーです。
グレーといっても黒に近い濃い色ではなく、薄めのカラーを選べばホワイトのような感覚で自由に組み合わせることができます。

さらにシルバーは、ラメや光沢が入ったデザインも多く、シンプルなコーディネートのアクセントになります。
清潔感と清楚さ、上品さを効果的にアピールでき、フォーマルスタイルにさりげない輝きを添えてくれますよ。

レースのシルバークラッチバッグ シルバーのビジューバッグ
華やかなレースを、四角いフォルムとシルバーの金具で甘さを抑えた大人っぽい印象に。 お手持ちのシンプルドレスと合わせて、いつもと違うコーディネートを楽しみたい方にもおすすめ。
シルバーのストーン付プリーツバッグ シルバーのプリーツバッグ
「リボンやフリルなど可愛いデザインは苦手だが、地味なのも嫌」と言う方におすすめ。 やや大きめで持ち手が付いているので持ちやすく、存在感がある。
シルバーのパールとビジューのサテンバッグ シルバーのビーズ付プリーツバッグ
マチがありコロンとしたフォルムは、見た目以上の収納力があり、ご祝儀袋も入る大きさ。 シルバーのサテン生地のバッグで、ふちにビーズと小さめのビジューで模様があしらわれている。

大きめのパーティーバッグをレンタルするメリット

大きめバッグはさまざまありますが、用意するならレンタルがおすすめです。
そこで、レンタルのメリットもご紹介していきましょう。

1:費用面の負担を避けやすくなる

結婚式をはじめとしたフォーマルなシーンでは、なにかと出費もかさみやすくなるもの。
そんな中で、コーディネートにかける費用もかさんでしまうのは「正直なところ、痛い!」と感じてしまうでしょう。
パーティードレスやパーティーバッグはカジュアルアイテムに比べ高価な傾向にあり、全身揃えると数万円かかってしまうこともめずらしくありません。
しかしレンタルなら、ひとつひとつのアイテムがリーズナブルなのが魅力です。
品質がしっかりしたものを安く用意できるのは、レンタルならではと言えるでしょう。

2:購入する手間・管理する手間がない

ドレスやバッグを購入するときには、いくつかの店舗を回り納得できるものを探すという人もいるでしょう。
気に入るものが見つからなければ、一苦労となってしまいますよね。
レンタルサービスはインターネットを介して注文できるので、24時間365日自由に好きなアイテムを探し、注文可能です。
また、ドレスやバッグを購入したときにはその後自宅で保管しなければいけません。
パーティーアイテムは高価でありながら使用頻度はあまり高くないので、タンスの肥やしになってしまうこともあります。
レンタルなら、使用後はクリーニングに出す必要もなく返却するだけなので管理の手間もありません。

3:トータルコーディネートができる

レンタルサービスでは、パーティーバッグだけでなくパーティードレスや羽織りもの、アクセサリーも取り扱っています。
ドレスに合うバッグを探すのはもちろん、お気に入りのバッグから合うドレスを探すことも可能です。
組み合わせを考えながら選べるので「別の店舗で買ったドレスとバッグがちぐはぐ」ということにもなりません。

大きめパーティーバッグの選び方ポイント

ここからは、大きめのパーティーバッグを選ぶときのポイントをご紹介していきます。

「大きめ」のパーティーバッグって?

そもそもパーティーバッグにおける「大きめ」とはどのくらいのサイズを指すのでしょうか?
結婚式のようなフォーマルシーンでは、バッグが大きすぎるとカジュアルなイメージになってしまうことからパーティーバッグは小さめに作られています。
しかし中には小さすぎて、袱紗が入らないものも。
結婚式で袱紗は必須ですから、そのためにサブバッグを用意することにもなります。

そんなときは、袱紗の入る大きめのパーティーバッグを活用しましょう。
袱紗の入るサイズのパーティーバッグなら、必要な持ちものをしっかり収納できるでしょう。

大きめといってもビジネスバッグのように極端に大きなものや、リュックなどはマナー違反となるため、あくまでパーティーバッグの中で大きめのものを選びましょう。

パーティーバッグに入れる持ちものから考えてみるのも◎

とは言え、人によって「持っていきたいもの」は違います。
袱紗のほかにどんなものを持っていく予定か考えてみて、そこからパーティーバッグを選ぶのもよいでしょう。

  • スマートフォン
  • 化粧直し用のコスメ
  • カメラ
  • キーケース
  • カードケース
  • 財布

など

「スマホで撮影するからカメラはいらない」、「現金は持たないから財布はいらない」という方なら、もっと小ぶりなバッグを検討してみるのもいいかもしれません。

バッグの種類にも注目して選ぼう

パーティーバッグには、ハンドバッグタイプ、ショルダータイプなどのいくつかのタイプがあります。

例えば収納力の高いバッグがお好みなら、ハンドバッグタイプがおすすめです。
立食パーティーのように、立ち歩く機会の多いパーティーならショルダーバッグもよいでしょう。
このように、シーンに合わせて選んでみると自分に合うアイテムが見つけやすくなります。

マナーを守ったデザインや素材を選ぶ

パーティーバッグを選ぶときは、マナーにも注意が必要です。
次のようなデザインや素材は、結婚式のような格式高い場ではマナー違反ととらえられる可能性があります。

  • 派手すぎるデザインやカラー
  • カジュアルすぎる素材やデザイン(布、ビニール、麻、コットンなど)
  • 葬儀をイメージさせる黒一色のデザイン
  • 花嫁のためのカラーである白一色のデザイン
  • 殺生をイメージさせる素材やデザイン(クロコダイル、ファー素材など)

これらの素材・デザインは避けて、コーディネートに合うものを選んでみましょう。

【まとめ】大きめパーティーバッグはレンタルで賢く手に入れよう

大きめのパーティーバッグは、袱紗も入れられるのがなによりの魅力です。
サブバッグを持つのがわずらわしく感じられるとき、重宝するでしょう。
デザインや素材にも注意することで、バッグが大きめでもエレガントな印象になりますよ。

「ワンピの魔法」では今回ご紹介した大きめパーティーバッグのほか、パーティードレスなどトレンドアイテムを展開しています。
わからないことは専門スタッフによる電話対応もできますので、まずは一度ご相談ください!