【会場別】結婚式二次会の服装マナーとおすすめコーディネート

\今流行りの「ネットレンタル」がお得/

初めてでも安心のレンタルドレス ワンピの魔法 電話相談もお任せください!

\2021年人気のパーティードレスをcheak!/

年代別ドレスランキング

結婚式の二次会に招待されたけど、服装のマナーが分からない…とお悩みではありませんか?

最近は、レストランやイベント会場を貸し切ってカジュアルな結婚式二次会が開催されることも多いです。

かしこまった会場ではない場合、どれくらいフォーマル感を出せばよいのか悩むところです。

そこで今回は、女性ゲストが結婚式二次会の服装マナーとおすすめのコーディネートをご紹介します。

結婚式二次会の会場別に最適なコーディネートをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

会場別!結婚式二次会に出席する服装マナー

結婚式二次会はどの会場で行われるかによって、服装の選び方が変わってきます。

基本的には、結婚式二次会の会場の格に合わせて、雰囲気の合った服装を選びます。

ホテルや高級レストランの場合はフォーマル感のあるドレスやワンピースが適しています。

カジュアルレストランや居酒屋などの場合は、キレイめのインフォーマルがおすすめです。

基本的なコーディネートは、肌の露出を抑えた上品なドレス・ワンピース、3センチ程度のヒールの靴、ストッキング着用となります。

ここからは、結婚式二次会の会場別に服装マナーとおすすめコーディネートを見ていきましょう。

主な会場となるホテル、レストラン、パーティー会場、居酒屋のケースでご紹介していきます。

ホテル・結婚式場での二次会の服装

披露宴を行ったホテル・結婚式会場で、そのまま二次会が開かれる場合があります。

ゲストは格式を意識した服装を選び、フォーマル感のあるセミフォーマルが適しています。

刺繍や総レースがデザインされたドレスは上品で華やかなスタイルになるのでおすすめです。

ホテルや結婚式会場で開かれる二次会は、肌の露出を抑えたドレスを選ぶことも大切です。

腕や胸元、背中が見えるデザインのドレスには、ジャケットやショールを合わせます。

スカート丈は膝下の長めを選ぶと、きれいめで上品な印象になります。

スカート丈が膝上のドレスの場合は、座った時に膝が見えてしまうので、避けるようにしましょう。

ノースリーブのドレスには、ジャケットやショールを羽織り、腕や肩の露出を避けましょう

ホテル、結婚式会場で開かれる二次会は、露出を抑えた膝下丈ドレスにジャケットスタイルを選べば好印象です。

ドレスの色は、濃紺や黒などの濃いめの色は引き締まって見えるので、体型カバーしたい方にもおすすめです。

ただし、小物類や羽織物も濃いめのカラーにすると全体が暗く見えてしまうので注意しましょう。

紺や黒のドレスを選んだら、羽織物は光沢のある素材ショールや小物類も明るめカラーを選ぶと明るくなります。

全身が黒っぽくなると、堅いオフィススタイルに見えてしまうので、華やかなデザインやカラーをプラスしましょう。

振り袖や訪問着で結婚式に参列する場合は、そのままの服装で二次会に参加しても大丈夫です。

ホテル・結婚式場でのおすすめコーディネート

ここからは、インターネットからドレスを簡単にレンタルすることが出来るショップ「ワンピの魔法」からホテル・結婚式場での二次会におすすめのドレスをご紹介しましょう。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

こっくりとした色合いとやや厚手のスカート生地で、特に秋冬のシーズンにおすすめ。背中の調節ひもで体にぴったりと合わせられ、メリハリがある美しいシルエットで着られる。

ベージュの配色が縦のラインを強調し、ハイウエストの切替で全体をすらりと見せてくれるシルエット。スカート部分の配色はプリーツでさり気なくおしゃれ感がUP。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

首元から胸元にかけてレースで覆われた上品なネイビーのドレス。丈が長めで落ち着いた印象になるので清楚な雰囲気が好きな30代の方におすすめ。

トップスは袖がレースになっているので、上品で女性らしい。パンツはウエスト部がゴムになっているので着心地も良く、お子様連れの方でも動きやすく安心して着られる。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

スカートは柔らかい質感で女性らしく、ハイウエスト切替で脚長効果も。トレンドを抑えながらも品のあるドレスが着たい20代後半~30代前半の方におすすめ。

ややくすみがかった色味が、派手さを抑えた上品な印象に。前後でスカートの長さが異なるデザインはこなれ感があり、たっぷりと生地が使われているので、エレガントで女性らしい。

レストランでの二次会の服装

レストランで結婚式の二次会が行われる場合はレストランの雰囲気を事前に確認しましょう

一口にレストランと言っても、会場の雰囲気はそれぞれ変わります。

名前をネット検索して、レストランの雰囲気を前もって調べておくことが大切です。

高級レストランの場合は、セミフォーマル感を意識したドレスを選びます。

格式の高いホテルよりも少し崩したドレス、お出かけ用のキレイめワンピースがおすすめ。

一般的に柄物よりも無地のドレスの方がよりフォーマル度が高くなります。

高級レストランの場合は、シルクやサテンのような光沢がある無地のドレスを選ぶと良いでしょう。

パンツスタイルのセットアップスーツもクールな印象に着こなせます。

カジュアルなレストランの場合は、キレイめのワンピースにボレロなどが適しています。

ダーク系のカラーのドレスを選んだ場合は、羽織物や小物類に明るい色を取り入れる効果的です。

例えば、紺のドレスにはシルバーやベージュ系ゴールドなどのボレロや小物類を合わせます。

披露宴から二次会へ参加する方は、披露宴にふさわしい服装でそのまま出席すれば、問題ありません。

レストランでのおすすめコーディネート

では、レストランでの二次会におすすめのドレスをご紹介しましょう。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

光沢のある深いグリーンは、パーティらしい華やかな色味で20代後半~30代前半の方におすすめ。

Vネックなので顔回りや上半身をスッキリと見せてくれる。型が崩れにくいシルエットは、立ち姿が綺麗なので、立食パーティやガーデンウェディングにも◎

服装選びのポイント
服装選びのポイント

つやのある生地で、ブラウンでも地味になりすぎず控えめで上品に着られる。ドレスらしすぎないデザインなので、結婚式だけではなく食事会やコンサートなどでも。

ゆったりとしたワイドパンツは、ヒップ太ももの気になるラインをカバーしてくれる。ウエストリボンをつける時は、トップスを出してウエストをマークするとこなれ感のあるスタイルになる。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

トレンドのオフショルダー風のデザインだが、肩部分はレースなので、マナー的にも安心。二の腕が隠れていて、ゆったりとしたシルエットは体型が気になる方にも◎。

割れた袖からのぞく腕や、後ろ下がりのフィッシュテールスカートが動くたびに揺れて優美な雰囲気を出すので、20代後半~30代前半の方におすすめ。

パーティー会場・イベント会場での二次会の服装

パーティー会場、イベント会場にて二次会を開催する場合は、スマートカジュアルです。

いつもよりキレイめのワンピース、パンツスタイルなどを選んで、程度フォーマルな装いを意識しましょう。

会社へ着ていくオフィスカジュアルの場合は堅いイメージになってしまいます。

サテンなど光沢感のある生地のショールやボレロをプラスしてドレスアップを心がけましょう。

仕事帰りにパーティー会場・イベント会場の二次会へ参加する場合は、髪をアップにして髪飾りを付けてアレンジするとフォーマル感がアップします。

披露宴と二次会の両方参加する場合は、服装を変えずにそのままで問題ありません。

パーティー会場・イベント会場でのおすすめコーディネート

ここからは、パーティー会場やイベント会場での二次会におすすめのドレスをご紹介しましょう。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

胸元のタックが上半身に動きを出し、バストラインを目立たなくしてくれる。ノータックのパンツは、余計な広がりを抑えてすっきりとしたシルエットに。

動き回ってもスカートがまくれ上がらないので、小さなお子様連れの方にも安心。肩からお腹にかけたドレープが、控えめなバストの方でも平坦に見えずらい。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

マットな質感とキラッと光る光沢感のある糸で織られたレース袖の対比が美しいネイビーのドレス。一見シンプルなドレスだが、ツヤのある袖は主張しすぎず上品な印象に。

やわらかな黒のトップスに、ブラウンのスカートのバイカラーのドレス。スカート部は、ハリ感と高級感がある。カシュクールの胸元は、すっきりと見え、バストラインをきれいに見せてくれる。

居酒屋での二次会の服装

二次会の会場が居酒屋やカラオケといったカジュアルな雰囲気の場合はスマートカジュアルが基本です。

どんなにカジュアルと言っても、いつもの飲み会とは異なり、お祝いの席であることを忘れすに。

例えば、ドレスではなくても、キレイめのワンピースにカーディガン、ブラウスとスカートのスタイルも問題ありません。

気をつけたいのは、普段着のようなデニム素材やニット、綿や麻素材の服などラフすぎる服装は適していません。

ミニスカートやノースリーブなど露出の高い服装も失礼になるので気をつけるようにしてください。

また、結婚式からそのまま出席する場合は、フォーマル過ぎると、二次会から出席した人達とフォーマル度に差が出てしまうかもしれません。

その場合、羽織る物でカジュアルダウンさせると写真撮影も浮かずに楽しめるでしょう。

居酒屋でのおすすめコーディネート

服装選びのポイント
服装選びのポイント

アイボリーにも近い柔らかい色合いで、顔色を明るく綺麗に見せてくれる。身頃は透け感のないさらりとした生地感で、袖部分はつるっとした素材で女性らしい。

シンプルで装飾がない分スッキリとしたラインが際立ち、女性らしく品のある印象にしてくれる。フォーマル感のあるしっかりとした生地感。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

ゆったりとしたシルエットで締め付け感がないので、妊娠中の方にも着やすいデザイン。さらりとしたシワになりにくい生地。

白地にベージュの織り模様が入っているので、体のラインが出にくく、薄い色でも抵抗なく着やすい。

結婚式二次会で平服と指定された場合は?

結婚式二次会の招待状に「平服でお越しください」と記載があった場合、服装に悩む方は多いかもしれません。

結婚式二次会での「平服」とは決して普段着の服のことではなく、ある程度フォーマルな装いを意識します。

二次会が行われる場所によって、服装の選び方も変わりますが、基本的にはキレイめのインフォーマルです。

「ドレスや振袖などのフォーマル(正装)な装いは必要ありませんよ。」という意味です。

女性ゲストはキレイめのドレスやワンピース、ブラウスにスカートなどが適しています。

平服の場合は、無地のドレスではなくても、多色柄、プリント柄でも問題ありません。

会場が華やかになる服装を心がけ、パンツスーツやオールインワンなども着用できます。

平服の場合でもノースリーブのワンピースは、肌の露出を抑えて、羽織り物が必要です。

結婚式から二次会へ参加する場合は着替えるべき?

結婚披露宴から二次会へ出席する場合、会場に合わせて着替える必要があるのでしょうか。

カジュアルレストランやカフェで二次会が行われる場合は、周りのゲストとのバランスを考える必要があります。

フォーマルドレスや着物の場合は、二次会で自分だけ浮いてしまう可能性も…。

フォーマルなドレスは汚れる心配もあるので、時間がある場合は、着替えると良いでしょう。

ワンピースやブラウスにスカートのコーディネートも程よいきちんと感があり、おすすめです。

結婚披露宴から夜の二次会に参加する場合は、パールからキラキラのアクセサリーに付け替える方法も効果的です。

立食の場合は、動きやすさを重視してパンツスーツなどにカジュアルダウンすると良いです。

結婚式の二次会の服装に合わせたい小物類

ここからは、結婚式二次会の服装に適した靴、バッグ、ヘアスタイルのポイントを見ていきましょう。

結婚式二次会に最適な靴

結婚式二次会では、ヒール3センチ程度のパンプスが最適です。

動きやすくきちんと感もあり、立ち姿がキレイに見えるので、高すぎないパンプスがおすすめ。

結婚式二次会では、つま先の開いたオープントゥ、サンダル、ブーツ、スニーカーはNGです。

春夏の結婚式二次会がカジュアルレストランで行われる場合は、オープントゥでも許されることもあります。

しかし、お祝いの席では肌の露出を抑えることがマナーですから、できるだけパンプスを選びましょう

また、汚れが目立つ靴や踵がすり減った靴は清潔感がなく、お祝いの席には相応しくありません。

服装の色や素材、デザインも考慮して、華やかな装いの靴を選びましょう。

結婚式二次会ても素足はマナー違反ですから、必ずベージュ(素肌に近い色)のストッキングを着用しましょう。

結婚式二次会に最適なバッグ

結婚式二次会の会場がレストランやカフェの場合は
荷物を預かってもらえないことが多いです。

あまり大きなバッグはカジュアルになるので、小ぶりのパーティーバッグを選ぶようにしましょう。

二次会もお祝いの席ですから、服装に合わせたドレッシーなパーティーバッグが適しています。

サテンやシルク素材のバッグは華やかさを出せるので二次会にも最適です。

パーティ用の小ぶりなバッグでは荷物が入らない場合、大きな荷物はコインロッカーなどに預けましょう。

二次会の会場で紙袋やトートバッグ、ビニールバッグをサブバッグをも持ち込むのはマナー違反になります。

高級ブランドのショッパーなどもブランドに関わらずに素材がカジュアルなので二次会には不向きです。

ワニ革・ヘビ革などのバッグ、大き過ぎるバッグは二次会ではマナー違反になるので避けましょう。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

くすみのある色合いと角ばった形は、シャープで大人っぽい雰囲気をプラスし、甘くなりすぎずにピンクのバッグを持ちたい方におすすめ

白パールとビジューのポイントは、コーディネートに少しアクセントを加えたい方に。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

ゴールドのラメがキラキラと華やかで、パーティーらしいゴールドのバッグ。

持ち手のラインストーンがパーティーらしく、華やかなシルバーのプリーツバッグ。

結婚式二次会に最適なアクセサリー

結婚式二次会は夕方から夜に行われることが多いです。

昼間の披露宴よりもキラキラしたアクセサリーを使用しても問題ありません。

昼間は光沢や輝きの強いアクセサリーは写真撮影の際に反射してしまうので、NGとされています。

しかし、夜の結婚式二次会の場合はキラキラとしたアクセサリーを合わせても問題ありません。

黒や紺など落ち着いた色味のドレスの場合は、全身が地味にならないように要注意。

ダイヤモンドやキラキラ光るゴールドのアクセサリーも夜の二次会では大活躍します。

パールのアクセサリーは二次会でも活躍しますがお葬式を連想させるブラックパールは避けましょう。

ダイヤモンドやラインストーンなどドレッシーなアクセサリーをプラスすると効果的です。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

チョーカータイプなので、人とは違うシャープで洗練されたデザインのものをお召しになりたい方にぴったり。

パールと丸、四角のチャームがポイントのゴールドのネックレス。長さが調整出来るので、コーディネートに合わせて楽しめる。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

外側と内側で大きさの異なるパールや、華奢なゴールドのチェーンは女性らしくおしゃれ感が増して見える。

光沢があり、華やかでパーティーらしいものをお召しになりたい幅広いご年代の方におすすめ。

結婚式二次会に最適なヘアスタイル

結婚式二次会のヘアスタイルはアップスタイルなど、綺麗に整えた感じを出すようにしましょう。

カジュアルな会場で開かれる二次会であってもお祝いの席ですから、日常の髪型ではなく華やかさを出します

自分でヘアアレンジするのが難しい方はヘアアクセサリーを使ってまとめると、どんな髪の長さの方もキレイに仕上がります。

結婚式二次会ては髪型までおしゃれをして出席することが祝福の気持ちを表すことができます。

仕事帰りにそのまま結婚式二次会へ出席する場合は
髪型をひと工夫して参加しましょう。

これはNG!結婚式二次会に避けるべき服装

ここからは、どんな会場の結婚式二次会でもNGとされる服装を見ていきましょう。

最近は、カジュアル感の強い結婚式二次会が増えてきおり、比較的崩れたフォーマルもOKとされるケースが多いです。

ただし、結婚式二次会の主役は新郎新婦ですから、華やかな服装を心がけ、祝福の気持ちを表すのが大人のマナーです。

新郎新婦よりも目立つ派手な服装、色や柄、奇抜なデザインは避けましょう

また、夜の結婚式二次会とは言っても肌の露出が高い服装はお祝いの席に相応しくありません。

丈が短すぎるミニスカートや胸元が大きく開いたドレス、毛皮やアニマル柄の服装もマナー違反です。

悪目立ちしてしまう派手な服装は、周りのゲストを不快な気持ちにさせて、新郎新婦の迷惑となるので注意しましょう。

例えば、ファー、毛皮、ヘビ革、ワニ革などのドレス・靴・バッグは、動物の殺生をイメージさせるので、お祝いの席では縁起が悪いと言われています。

また、花嫁と被ってしまう白のドレスや全体が白っぽく見えるコーディネートは避けましょう。

白のウェディングドレスは主役である花嫁の特権ですから、ゲストの白っぽい服装はマナー違反です。

白ではなくてもベージュや薄い黄色のコーディネートは写真に真っ白に写ることもあるので、避けた方が良いでしょう。

全身鏡で白っぽいコーディネートになった場合は、黒や紺のジャケットや濃い色のショールなどをプラスします。

全身黒色のコーディネートも喪服を連想させるために結婚式や二次会に相応しくないとされています。

全身が黒っぽくなってしまう場合は、羽織り物、靴、バッグに明るいカラーを取り入れましょう。

二次会で避けるべき小物類

冬は黒いストッキングやタイツを履きたくなりますが、不祝儀を連想させるためNGです。

柄入りのストッキングや網タイツもお祝いの席に相応しくありませんので避けましょう。

二次会でもストッキングは、肌色に近いベージュ系ストッキングを選ぶのが無難です。

アクセサリー選びは、黒真珠はお葬式に着用するイメージがあるため、避けておきましょう。

若い方はあまり気にならない方が多いですが、目上の方が多くなる席では、黒真珠は避けるのが無難です。


当然ながら、足元はスニーカーやサンダル、ブーツなどカジュアルすぎる靴はお祝いの席にはNG
です。


足の指やつま先が開いているオープントゥやミュール
は、カジュアルすぎるので二次会には避けましょう。

披露宴と二次会の服装の違いは?

結婚式や披露宴は最もフォーマルな場所として服装を選びます。

一方で、二次会はこれまでご紹介してきた通りに会場によって格式が異なります。

例えば、格式が高いホテルやホテル内のレストランで開催される二次会の場合は、セミフォーマルに準じたドレスを着用します。


シルクやサテンの無地のドレス
を選ぶと、フォーマル感のある雰囲気になるのでおすすめ。


サテンやシフォン、シャンタンなどの光沢のある素材は華やかさをプラスしてくれるの
で人気です。

カジュアルなレストランやカフェ、居酒屋などは大人数が集まり、賑やかな雰囲気の会場となります。

この場合は、上品な柄物やバイカラーのドレス、ワンピース、ブラウスにスカート、スーツのキレイめな服装を選びましょう。

季節の注意点


季節とかけ離れた素材のドレス・ワンピースも結婚式・二次会ではマナー違反
となるので注意しましょう。

アクセサリーも真冬にガラスのピアスやヘアアクセサリーはちぐはぐなコーディネートになるのでNG。

秋冬のシーズンは、バッグや靴などの小物にファーや皮が使われていることが多いです。

カジュアルな二次会であっても、季節とかけ離れたコーディネートはマナー違反になります。

二次会はノースリーブのドレス・ワンピースでも大丈夫?


二次会でもノースリーブのドレスやワンピースを着用できますが、ボレロやカーディガンなどの羽織り物
を用意しましょう。

平服指定の二次会では、略礼装用のドレス、上品な綿素材のワンピースでも問題ありません。

結婚披露宴から二次会へ出席する場合は、服装に合わせてジャケット、ショール、ボレロなどの羽織物を持参しましょう。

夜の二次会は昼間の披露宴よりも肌の露出が若干多くなっても許されますが、控えたほうが上品な印象を与えます。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

シンプルなデザインで装飾がないので、柄物や刺繍など、どのようなドレスにも合わせやすく万能。

黒のストールは大人っぽくシャープな印象だが、デザインはシンプルでさらりと着られる。

服装選びのポイント
服装選びのポイント

襟付きのデザインでかっちりとした印象なので、マナーを大事にしたいご親族様や上司としてのご出席におすすめ。

肌触りの良い伸縮性のある生地は透け感がなく安心。

まとめ

今回は、結婚式二次会の服装選びのポイント、会場別のおすすめコーディネートをご紹介しました。

いつもよりおしゃれをして結婚式二次会へ出席するのは祝福の気持ちの表れでもあります。

どんなにカジュアルな会場であっても、普段着まったく何もセットをしていない髪型では祝福の気持ちは伝わりません。

仕事帰りに結婚式二次会へ出席する場合も、髪型をアップにしたり、ヘアアクセサリーを取り入れるだけでフォーマル感がアップします。

オフィスカジュアルは地味すぎてしまうので、パーティー会場の雰囲気に合わせて華やかさをプラスしましょう。

ぜひ、お祝いの場にふさわしい服装を選んで、結婚式二次会を存分に楽しみましょう。

\今流行りの「ネットレンタル」がお得/

ワンピの魔法トップ

トレンドお呼ばれドレスがALL4980円でレンタル! レンタルドレスのリリアージュ

ワンピの魔法へ

ワンピマガジントップへ