マタニティの結婚式向けドレス紹介!そのままレンタルOK!|レンタルドレスのワンピの魔法

結婚式の服装

体調や体型の変化が大きいマタニティ期、結婚式や二次会に着ていく服装選びに迷っている妊婦さんも多いのではないでしょうか?

「妊娠中のお呼ばれは、どんなパーティドレスを選べば良いの?」

「ローヒール、ぺたんこ靴を履いても大丈夫?」

「妊娠中でもおしゃれに着こなせるトレンドドレスが知りたい」

そんな方のために、この記事ではを始め、、マタニティだからこそ着こなしたいをご紹介していきます。

上品なブランドドレスが低価格でレンタルできる、レンタルドレスショップ「ワンピの魔法」に寄せられた、先輩妊婦さんの体験談も合わせてご紹介しています。ぜひドレス選びの参考にしてみてくださいね♪

①マタニティドレス選びの注意点
②安心してマタニティドレスを着こなすために「準備しておきたいもの」
③【妊娠初期〜後期まで】おすすめのトレンドマタニティドレス

①マタニティドレス選びの注意点

①マタニティドレス選びの注意点

まず初めに、マタニティドレス選びの注意点について、実際の利用者様の失敗談と合わせてご紹介していきます。

(1)スカート丈について

妊娠中は、膨らみ始めたお腹にドレスの生地が持ち上げられて、ことがあります。また、立っている時にはそれほど気にならなくても、座った際に太腿まで露出してしまう、ということも。結婚式では過度な露出はマナー違反とされています。

また、妊娠中は特にお腹の冷えには気をつけたいもの。多くの場合、夏場でも会場内は空調で冷えています。見た目の問題だけでなく「お腹の冷えを防止する」という意味でも、特にスカート丈には注意しましょう。

【マタニティドレス選びの失敗談】

「思っていた以上にスカート丈が短くなりすぎて恥ずかしかった」

「お腹は目立たなかったけど、座ると太ももまで見えてしまった」

「冷房が効いていてお腹が冷えないか不安になった」

のように「生地をたっぷり使っている広がりのあるデザイン」なら、丈が短くなりにくく、妊娠後期でもスカート丈を気にすることなく安心して着こなせます。

また、一見お腹周りに余裕がありそうな「コクーンシルエット」のドレスですが、裾の広がりが少ないため、妊娠後期には向いていません。個人差がありますが、妊娠6ヶ月程度までの着用がおすすめです。

(2)バスト周りの締め付け感について

妊娠中のドレス選びで意外と見落としがちなのが、バスト周りのサイズ感。妊娠中はお腹周りだけでなく、ことがあります。マタニティドレスを選ぶときは、必ず現在の「バストサイズ」「アンダーバスト(胸下)サイズ」を確認しましょう。

【マタニティドレス選びの失敗談】

「バスト(胸まわり)が苦しかった」

「胸のところでつっかえて、ドレスのファスナーが上がらなかった」

「胸まわりの締め付け感のせいで食事が楽しめなかった」

「締め付け感は避けたいけれど、シルエットにメリハリが欲しい」という方には、のマタニティドレスがおすすめです。ゆったりシルエットのドレスも、ウエストリボンで体に合わせて調整することで、バランス良く着こなすことができます。

REPLETE ドレス je-super ドレス

②安心してマタニティドレスを着こなすために
「準備しておきたいもの」

②安心してマタニティドレスを着こなすために「準備しておきたいもの」

【OK2】ゆったり楽チンなマタニティドレス

体調も不安定になりがちなマタニティ期。もちろん無理は禁物ですが、せっかくのお呼ばれの場はできる限り楽しみたいですよね。ここでは、安心してマタニティドレスを着こなすために「準備しておきたいもの」についてご紹介しています。

②安心してマタニティドレスを着こなすために
「準備しておきたいもの」

体調も不安定になりがちなマタニティ期。もちろん無理は禁物ですが、せっかくのお呼ばれの場はできる限り楽しみたいですよね。ここでは、安心してマタニティドレスを着こなすために「準備しておきたいもの」についてご紹介しています。

(1)ローヒール・ぺたんこシューズ

通常フォーマルスタイルには、ヒール有りのパンプスがマスト。ただし、妊娠中や幼い子供連れの場合は、。行き帰りで足が痛くならないように、歩きやすい靴を用意しましょう。また、妊娠中はむくみが出やすい時期でもあります。しばらく履いていない靴であれば、事前に試し履きをしておきましょう。ドレスに馴染む、シンプルなデザインのバレエシューズなどがおすすめです。

(2)ペチコート

妊娠中は、着心地を重視したマタニティ用のインナーを身につけていたり、体型の変化によってドレスにインナーのラインが出やすいことも。は、ペチコートを用意しておくと安心です。また、冷えが気になる場合は、お腹周りのサポーターなども用意しておきましょう。

(3)羽織(ボレロ・ショール・ジャケット)

夏場であっても、会場内は空調で冷えていることが多いため。袖有りデザインのドレスでも、ショールなどがあればより安心。膝にかけるなどして、足もとに冷え対策に使えます◎ ドレスに合わせる羽織がない!という場合でも、レンタルドレスショップなら、羽織も含めてお得に借りることも可能です。コーデに自信がない方にもおすすめです。

③【妊娠初期〜後期まで】おすすめの
トレンドのマタニティドレス

③【妊娠初期〜後期まで】おすすめのトレンドのマタニティドレス

ここでは、妊娠初期から後期まで、様々なシーンに合わせたおすすめの「トレンドのマタニティドレス」をご紹介します。

(1)マタニティ期だからこそ着こなしたい総レースドレス

妊娠中は「体型の変化のせいでおしゃれができない」と思っている方も多いのではないでしょうか。でも実は、マタニティ期だからこそ似合うドレスも。例えば「総レースドレス」もそのひとつ。体型に丸みが出ることで、

一枚さらりと着るだけで、トレンド感が出せるもの嬉しいポイント。

普段は甘めの服装はあまり得意ではないという方も、ぜひこの時期に総レースドレスにトライしてみてはいかがでしょうか?

(2)一枚でコーデが決まる袖ありマタニティドレス

体調が安定しなかったり、産後に向けての準備など、何かと慌ただしいマタニティ期。なのが、袖ありデザインのマタニティドレス。

トレンド継続中の袖ありドレスは、半袖、長袖、パフスリーブ、ケープ風袖など、その種類も年々豊富に。また、体型の変化で気になり始めた二の腕周りも、透け感のあるレース袖なら、おしゃれにすっきり見せてくれます。さらにストールなどを合わせれば、冷え対策もばっちり◎

(3)妊娠中期〜後期におすすめの大きめゆったりドレス

特に妊娠後期は、一気にお腹周りが大きくなる時期でもあります。「思っていた以上にお腹が大きくなって、用意していたドレスが入らない……」なんてことのないように、妊娠中期〜後期にかけては、です。

見た目ももちろんこだわりたいところですが、パーティー中の過ごしやすさもマタニティドレス選びの重要なポイント。一日中着ていても苦しくならないか、着心地は良いか、という点にも注意して選びましょう。

(4)ご親族様にも最適シックカラーのマタニティドレス

親族としての結婚式参列では、きちんと感はしっかりキープしつつ、。そんな方におすすめなのは、ブルーグレー、グレー、ネイビー、黒などのシックカラーのマタニティドレス。

落ち着いた色味は引き締まって見えるので、。ただし足首まで隠れるロングドレスなどで、肌を全て隠してしまうのはNG 。全体的に重たい印象を与えてしまいます。

シックカラーのドレスを選ぶ際は、顔まわりに華やかなアクセサリーを合わせたり、艶感のあるストール、バッグなどの小物類でパーティーらしい華やかさをプラスして。また、ロング丈や長袖ドレスでも、透け感のあるレースやチュール素材を選べば軽やかに着こなせます。

(5)マタニティ期〜産後まで長く頼れる授乳口付きドレス

胸元のサイドにチャックがついていたり、スリットが入った「授乳口」付きドレスなら、。何かと大変な乳幼児連れでの参列の際にも安心です。授乳口付きと知っても、見た目は普通のドレスと同じ。おしゃれと機能性をしっかり両立できるバリエーション豊富なドレスが揃っています。

また産後すぐに元の体型に戻るわけではありません。お腹周りやバスト周りに余裕のあるマタニティドレスなら、産後すぐのお呼ばれの際にも快適に過ごすことができます。

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?
ますますおしゃれに、機能的に進化するマタニティドレス。「妊娠中だから……。」と、おしゃれを諦める必要はありません! 今だからこそ楽しめるマタニティファッションを思い切り楽しんでくださいね。もちろん体調には十分配慮しつつ、羽織やローヒールなど事前準備も忘れずに♪

最近チェックした商品
Browsing history

最近チェックした商品
Browsing history